岐阜県大垣市を中心に地域のニュース、イベント、グルメなどの身近な情報を発信するオフィシャルポータルサイト
大垣地域ポータルサイト西美濃
今日の天気
西美濃ってどこ?
トップ > 特集一覧 > バックナンバー
※掲載内容は本特集リリース時期(2010年5月28日更新)の情報です。内容が変更となる場合がありますので、事前に必ずお問合せください。あらかじめご了承ください。

西美濃歴史めぐり ―関ケ原合戦編― 第壱章

関ケ原。
もともと有名なこの合戦の地は、昨今の「戦国ブーム」で、全国から再度注目を浴びているそうです。
連休ともなると、遠方からこの合戦の地を訪れたグループやカップル、家族連れがたくさん!大変よく見かけますね(^-^)。
しかしわたしたち西美濃にとって「関ケ原」はとても身近な場所なため、「改めて見直してみたことはない」という方も多いかもしれませんね。
今回の特集では、西美濃歴史めぐり関ケ原合戦編と題して『西美濃の戦国時代』の足跡を追っていきます(^-^)!

◆「関ケ原の戦い」って?

1598年、豊臣秀吉が亡くなった後日本の政治は、
徳川家康を筆頭とする「五大老」 と呼ばれる豊臣家上層部
石田三成を筆頭とする「五奉行」と呼ばれる各地の有力大名
たちが行うことになりました。 秀吉が死亡すると、徳川家康はそれまでは独断で行うことが禁止されていた「領地の授与」などを独断で行うようになり、 石田三成はこれを非難します。
しかし、単純に「五大老」VS「五奉行」になったのかと言えばそうではなく、秀吉時代から存在していた内部対立も関係し、他にも恩義や友情、 忠義など様々な人間関係、お家関係が複雑に絡み、最終的には「徳川家康を中心とする一派」と、 「それを良く思わない一派」との間で、 争いが激しくなりました。 そしてついに1600年に起きた「関ケ原の戦い」ではこの両派が、石田三成率いる西軍と、徳川家康率いる東軍として戦い、結果、東軍が勝利。 徳川家康の覇権が決定付けられました。
この関ケ原における決戦を中心として、他にも日本全国各地で激しい戦いが行われたそうです。
一連の合戦で事実上「戦国時代」は終焉を向かえ、以後幕末まで250年続く日本の支配者が決定付けられました。まさに「天下分け目の」戦いというわけです!(゚o゚ )。



◆西軍・東軍の布陣図

関ケ原の戦い 西軍・東軍の布陣図  ※画像をクリックすると拡大します
赤色=西軍 青色=東軍
上の図は、関ケ原合戦よりずっと後の時代、明治初期に、ドイツの将校が見て「西軍の勝利は間違いない」と言ったという、「関ケ原の戦い」開戦時の布陣図です。
くぼ地に入った東軍を、四方の山上に布陣した西軍が完全に包囲している「鶴翼の陣」で、誰の目にも西軍有利は明らか。「予定通り全ての西軍が動いていれば」西軍が勝利し、日本の歴史が変わっていたかもしれません。しかし、実際はそうなりませんでした。
上の布陣図には西軍と東軍しかいないように見えますが、実際にはこの布陣の中には、「反応軍」や「傍観軍」と呼ばれる、いわゆる「どちらの味方なのかハッキリしない」、 もしくは「見ているだけで動かない」軍がたくさんいました。立場上、もしくは流れで西軍ということになっているけれども実際には東軍と内通していた軍も多く、西軍の 「鶴翼」は「翼」の部分が機能していなかったことになります。そして、これが西軍敗北の原因となりました。
関ケ原町 地域振興課 監修

◆今回の史跡めぐり地図

第壱章では、まず歴史民俗資料館をめざし、丸山のろし場、開戦地、決戦地、そして第壱章のメインの笹尾山へ向かいます。
その後は息抜きに関ケ原ウォーランドへ。各武将の陣跡などは、第弐章でご紹介するのでお楽しみに!
※地図をクリックすると拡大します
関ケ原の戦い 史跡めぐり
 ※場所名クリックで移動します

1/3
特集
Page 1
・「関ケ原の戦い」って?
・西軍・東軍の布陣図
・今回の史跡めぐり地図
Page 2
合戦の足跡を追って、
  史跡めぐりスタート

歴史民俗資料館
丸山のろし場
開戦地
決戦地
Page 3
笹尾山 石田三成陣跡
関ケ原ウォーランド
武将たちの「夢の跡」を追って、史跡めぐり再開!


おすすめコーナー用イメージ画像
[年金相談会のご案内]
年金に関する疑問に年金のエキスパートがお答えします。詳しくはご確認ください。
十六銀行
おすすめコーナー用イメージ画像
[カンガルー自転車イベント便]
自転車に関わるイベント(レース等、旅行先でのサイクリングなど)に参加される方が、所有する自転車をイベントが開催される場所(宿泊場所など)へ輸送するサービスです。詳しくはご確認ください。
西濃運輸
岐阜県西美濃地域のオリジナル商品など販売!
武将気分がぐっと高まる関ケ原町と垂井町の商品を取り揃えています。11月22日より垂井町観光協会商品の取扱いを開始しました!
使えば賢くなる!?智将セット 半兵衛クリアファイル&ノートのセット 垂井町が誇る二大武将の陣旗を模したフェイスタオル 陣旗タオル 美濃手漉き和紙で作られた家紋型ウィンドウデコレーションKAMON dECO
使えば賢くなる!?智将セット 半兵衛クリアファイル&ノートのセット
価格:400円
垂井町が誇る二大武将の陣旗を模したフェイスタオル 陣旗タオル
価格:500円
第2回 関ケ原まるごと検定 公式テキストはコチラ!
価格:780円
西美濃の紅葉
 木々が鮮やかに色づく季節ですね。西美濃地域で紅葉が鑑賞できるスポットをご紹介します!

2018-11-8 UP!
西美濃 秋のお祭り特集 第二弾!
 2018年秋!まるごとバザールやJAにしみの農業祭など、西美濃の個性豊かな秋のお祭りを一挙にご紹介いたします!

2018-10-22 UP!
大垣出身の漫画家が描く!「聲の形」の舞台紹介in西美濃
 大垣出身の漫画家、大今良時さんのコミック『聲の形』。作品の舞台となった西美濃のスポットをご紹介します。

2015-12-4 UP!
養老 焼肉街道を往く
 県道56号南濃関ヶ原線。又の名を「養老焼肉街道」と呼ばれる街道があるんです!近くのBBQ場の紹介もありますよ!

2014-10-10 UP!
「おちょぼさん」を楽しもう!千代保稲荷神社〜界隈めぐり
 千代保稲荷(おちょぼさん)界隈めぐりの第2弾!参道に並ぶ”食べ歩き&お土産スポット”をご紹介します。

2015-12-18 UP!
「おちょぼさん」を楽しもう!千代保稲荷神社〜界隈めぐり
 「おちょぼさんならでは」のお参りの仕方や、"食べ歩き"グルメスポットをご紹介!

2014-12-8 UP!
西美濃 情報サポーターの皆様よりご投稿いただいた地域のイベントや飲食店の感想・体験談などをご紹介するコーナーです。
第62回 大垣花火大会

↑ページトップへ