岐阜県大垣市を中心に地域のニュース、イベント、グルメなどの身近な情報を発信するオフィシャルポータルサイト
大垣地域ポータルサイト西美濃
今日の天気
西美濃ってどこ?
トップ > 西美濃な人 > 老人と子供の触れ合いを描いた絵本「四つ葉ほいくえん」の作者、大橋 冨貴子さん
西美濃な人

  • 老人と子供の触れ合いを描いた
    絵本「四つ葉ほいくえん」の作者、大橋 冨貴子さん(85)

絵本を手に「天国の両親や
夫に届けたい」と、
語る大橋冨貴子さん
=大垣市の自宅
 ♯ばあちゃんのせなかは ぽかぽかおふとん たのしいゆめが いっぱい いっぱい うさちゃんたちと かけっこできるよ めだかちゃんたちと おゆうぎできるよ♯。大橋冨貴子さんが物語を書き、文芸社(東京都)から10月に発行された絵本「四つ葉ほいくえん」の子守歌だ。絵本には、子どもたちとお年寄りの楽しい触れ合いが描かれており、読む人の心をほのぼのとさせてくれる。大橋さんは「書くことが好き。生きているうちに何かを残しておきたかった。周りの多くの人に感謝しています」と、うれしそうに話す。


大橋さんが日ごろ書き留めた
エッセイなどの原稿や下書き
=大垣市の自宅
 「四つ葉ほいくえん」(A5判、24ページ)は、日ごろ「元気なうちは誰かの役に立ちたい」と考えていたおばあさんが、隣の若いお母さんから「ちょっと子どもを預かってくれない?」と頼まれ、引き受けることからスタート。子どもたちの面倒を見て過ごすうちに年をとるのも忘れて毎日が楽しくなったおばあさん。噂を聞いて子どもを預ける人が増えたおばあさんは「ばあちゃん友だち」に応援を依頼。「ばあちゃん友だち」だけでなく、おじいさんたちも応援に駆け付け、子どももおばあさんやおじいさんも楽しい「四つ葉ほいくえん」が誕生。園では、もちつき大会やおひな祭り、七夕、運動会、冬には雪だるまづくりなど、子どもたちが地域のお年寄りに支えられて元気に過ごすストーリー。子どもだけでなく、お年寄りにも読んでほしい絵本だ。絵は、イラストレーターの高尾斉さんが担当した。


新しく入った本として紹介される、
絵本「四つ葉ほいくえん」
=大垣市立図書館
 出版のきっかけは、文芸社の「えほん大賞」。子どものころから本を読んだり、作文を書くのが好きだった大橋さん。昨年の第14回えほん大賞の募集を新聞で知り、さっそく物語を書いてストーリー部門に応募。作品を読んだ文芸社から「内容が面白い。出版しませんか」と勧められた。7年前に発症した国の特定疾患「潰瘍性大腸炎」の治療を今も受けている大橋さん。「何かを残したい」と、出版を決意。今回の文芸社からの発行となった。
 「保育園不足で、入りたくても受け入れられない子どもがいる現代。お年寄りも元気なうちは、自分で協力できることはやっていかなければ。一人ではできなくてもみんなで手をつなげば」との思いをまとめた。岐阜県大垣市に生まれ大垣市で育った大橋さん。「大垣市が大好き。地方が頑張らねば」という。絵本にはそんな大橋さんの思いが詰まっている。


思いついたことを書き留めておこうと、
机に向かう大橋さん
=大垣市の自宅
 「子どものころから本を読んだり、感想文や作文を書くのが好きだった」大橋さん。毎週のように図書館へ通い、サスペンスから恋愛もの、時代もの、文芸誌などあらゆる本を読んできた。最近は体調を崩して行けないが、書くことは今も大好きで、ペンを取る。ふっと書きたいことが頭に浮かんだ時に、近くにある雑用紙などに書き留めてきた。これまでに、岐阜県の読書感想文コンクールや、新聞社への投稿など、数多くの作品を書いてきた。以前は、一つ書くのに4〜5日はかかっていたが、今回は徹夜して一気に書きあげた。
 母親の看病などで、ペンをとることができなかった時もあるが、長く書き続けてきた大橋さん。「年をとって覚えも悪くなり、なかなか書けない時もあったが、やっと思いがかなった。うれしい。天国で待つ両親や39歳と若くして亡くなった夫に届けたい。『もうじき行くから、ちょっと待っとってね』…。元気なうちは、書き続けたい」と、明るく話す。
 絵本「四つ葉ほいくえん」は、全国で発売中。
2018.11.01(子林 光和)

他の西美濃な人を見る


おすすめコーナー用イメージ画像
[OKBギャラリー 展覧会のご案内 ]
『OKBがお届けする くまのパディントンTM展』が11月26日から開催されます。
交通アクセス、開館時間等詳しくはご確認ください。
大垣共立銀行
おすすめコーナー用イメージ画像
[カンガルー自転車イベント便]
自転車に関わるイベント(レース等、旅行先でのサイクリングなど)に参加される方が、所有する自転車をイベントが開催される場所(宿泊場所など)へ輸送するサービスです。詳しくはご確認ください。
西濃運輸
岐阜県西美濃地域のオリジナル商品など販売!
武将気分がぐっと高まる関ケ原町と垂井町の商品を取り揃えています。11月22日より垂井町観光協会商品の取扱いを開始しました!
使えば賢くなる!?智将セット 半兵衛クリアファイル&ノートのセット 垂井町が誇る二大武将の陣旗を模したフェイスタオル 陣旗タオル 美濃手漉き和紙で作られた家紋型ウィンドウデコレーションKAMON dECO
使えば賢くなる!?智将セット 半兵衛クリアファイル&ノートのセット
価格:400円
垂井町が誇る二大武将の陣旗を模したフェイスタオル 陣旗タオル
価格:500円
第2回 関ケ原まるごと検定 公式テキストはコチラ!
価格:780円
西美濃の紅葉
 木々が鮮やかに色づく季節ですね。西美濃地域で紅葉が鑑賞できるスポットをご紹介します!

2018-11-8 UP!
西美濃 秋のお祭り特集 第二弾!
 2018年秋!まるごとバザールやJAにしみの農業祭など、西美濃の個性豊かな秋のお祭りを一挙にご紹介いたします!

2018-10-22 UP!
大垣出身の漫画家が描く!「聲の形」の舞台紹介in西美濃
 大垣出身の漫画家、大今良時さんのコミック『聲の形』。作品の舞台となった西美濃のスポットをご紹介します。

2015-12-4 UP!
養老 焼肉街道を往く
 県道56号南濃関ヶ原線。又の名を「養老焼肉街道」と呼ばれる街道があるんです!近くのBBQ場の紹介もありますよ!

2014-10-10 UP!
「おちょぼさん」を楽しもう!千代保稲荷神社〜界隈めぐり
 千代保稲荷(おちょぼさん)界隈めぐりの第2弾!参道に並ぶ”食べ歩き&お土産スポット”をご紹介します。

2015-12-18 UP!
「おちょぼさん」を楽しもう!千代保稲荷神社〜界隈めぐり
 「おちょぼさんならでは」のお参りの仕方や、"食べ歩き"グルメスポットをご紹介!

2014-12-8 UP!
西美濃 情報サポーターの皆様よりご投稿いただいた地域のイベントや飲食店の感想・体験談などをご紹介するコーナーです。
第62回 大垣花火大会

↑ページトップへ