岐阜県大垣市を中心に地域のニュース、イベント、グルメなどの身近な情報を発信するオフィシャルポータルサイト
大垣地域ポータルサイト西美濃
今日の天気
西美濃ってどこ?
トップ > 西美濃な人 > 東日本大震災の被災地に寄り添う岐阜県大垣市社会福祉協議会職員、高田 薫さん
西美濃な人

  • 東日本大震災の被災地に寄り添う
    岐阜県大垣市社会福祉協議会職員、高田 薫さん(40)

高田薫さん
 死者、行方不明者合わせて2万人近くが犠牲者となった東日本大震災。今月11日には発生から6年半を迎える。そんな被災地に震災発生以来、毎年のように出かけて現地の人たちと交流し、励まし続けているのが高田薫さんや同僚の小倉隆司さん(47)たち。今年も7月7日から3泊4日の日程で、岩手県大槌町に出かけて被災者たちと友情を深めてきた。高田さんたちは「僕たちボランティアにとって今後、被災地の皆さんに何が出来るかは分からない。難しい問題。だが、忘れてはいけないのが震災の怖さ。そして、人とのつながり。これからも出来る限り現地に出かけ、つながりを大切にしていきたい」と力強く語る。


冊子を見ながら東日本
大震災について語り合う
高田薫さん(左)と小倉隆司さん
=大垣市社会福祉協議会で
 2011年3月11日に岩手、宮城、福島の東北3県を中心に襲った津波や東京電力福島第一原発事故では多くの被害が出た。高田さんが最初に被災地に入ったのは震災発生から2カ月後。小倉さんは、その1カ月前。ともに、全国の市町村社会福祉協議会でつくる「ブロック応援職員」として、現地のボランティアセンターの業務支援として大槌町で1週間ボランティア活動をした。高田さんたちは「被災地を見た瞬間、本当にここに町が、家が、そして生活があったのだろうかと疑う光景が目の前にあった」と、当時を振り返る。


被災地の子供たちと楽しそうに
ゲームをするボランティア
=岩手県で、高田さん提供
 2人が2回目に大槌町を訪れたのはその年の12月。「1人の人間として大槌のために何かしたい」「被災地の支援をしたいと思っている人たちにもその機会を」と、岐阜県や名古屋市の社会福祉協議会の職員たち約20人で、4日間の日程で現地支援を行うボランティアバスを企画。仮設住宅の親子や高齢者を対象に「ピザづくりとレクリエーションツアー」と「買い物と温泉ツアー」を行った。参加した親子たちは「みんなでわいわい騒ぎながら楽しく過ごせた」「道の駅での買い物がうれしかった」などと、喜んでいた。お礼に踊りを披露してくれる人も。この時に一緒に活動をしたのが岐阜県社会福祉協議会の和田慎太郎さん(28)。4月に大槌町へボランティアに入ったメンバーで、以来3人で毎年1度現地を訪れている。東北3県のボランティアセンターのまとめでは、同センターを通じてボランティア活動に参加した人は、震災発生以来、今年1月末までに151万8000人にも上る。


被災地の人たち(左4人)と
和やかに談笑するボランティア
=岩手県で、高田さん提供
 高田さんたちは「大槌町にボランティアに出かけているのは大槌の人に会いたいから。大槌の人はおもてなしなど、気遣い、心遣いがある。『ご苦労さん』『ありがたい』の言葉一つ一つに温かみがある。しかし、ボランティアはいつまでもその土地で暮らし、その土地のために活動し続けるものではない。そのまちをどう復興させるかは、最後は地元の人たち。復興の主役は被災者自身。これまでとは違うまちになるだろうが、みんなが『前より良いまちにしたい』との願いを持ち、新しいまちづくり、新しい歴史を作っていかなくてはならない。外部の力に頼りきりでは本当の意味での復興とはいえない」と熱く語る。


東日本大震災で大きな被害を受けた
岩手県大槌町=震災1カ月後写す、
高田さん提供
 「私たちは、これからも東北(岩手県大槌町)と関わり続けようと考えている。発災から6年以上経ち、風化の影が見えている中、人として東北の今を忘れることなく、心の中に刻み続けたいと思う。これからも私たちの東北への旅は続きます」と、高田さんたち。頭が下がる。心から声援を送り続けたい。
2017.09.01(子林 光和)

他の西美濃な人を見る


おすすめコーナー用イメージ画像
[「OKBギャラリーおおがき」 土屋斉展]
芸術を愛した文化人『土屋斉展』。期間は11月22日(水)から12月24日(日)まで。開館時間等詳しくはご確認ください。
大垣共立銀行
おすすめコーナー用イメージ画像
[エコ・ループサービス]
お引越の際に発生する不用品(本、CD、衣類など)、西濃運輸が商品をお預りし、ネットオフにて、査定、買取を行うものです。詳しくはご確認ください。
西濃運輸
岐阜県西美濃地域のオリジナル商品など販売!
関ケ原合戦の武将気分がぐっと高まる商品を取り揃えています。
関ケ原合戦の全容を描いた 関ケ原合戦図屏風(小) 好きな武将の旗を飾っても良し、合戦陣形図をつくるも良し!武将ミニのぼり旗 美濃手漉き和紙で作られた家紋型ウィンドウデコレーションKAMON dECO
関ケ原合戦図屏風を高さ20cmのミニサイズで再現しました
価格:3,600円
好きな武将の旗で気分をアゲ↑よう! 武将ミニのぼり旗
価格:1,350円
美濃手漉き和紙で作られた家紋型ウィンドウデコレーション
価格:980円
西美濃 秋のお祭り特集 第二弾!
 2017年秋!芭蕉元禄楽市・楽座まるごとバザールやJAにしみの農業祭など、西美濃の個性豊かな秋のお祭りを一挙にご紹介いたします!

2017-10-24 UP!
養老改元1300年祭を楽しもう!
 元号が「養老」と改元されてから1300年の節目を迎えます。これを記念し養老町では、町を挙げて「養老改元1300年祭」が開催されます。

2017-5-25 UP!
大垣出身の漫画家が描く!「聲の形」の舞台紹介in西美濃
 大垣出身の漫画家、大今良時さんのコミック『聲の形』。作品の舞台となった西美濃のスポットをご紹介します。

2015-12-4 UP!
養老 焼肉街道を往く
 県道56号南濃関ヶ原線。又の名を「養老焼肉街道」と呼ばれる街道があるんです!近くのBBQ場の紹介もありますよ!

2014-10-10 UP!
「おちょぼさん」を楽しもう!千代保稲荷神社〜界隈めぐり
 千代保稲荷(おちょぼさん)界隈めぐりの第2弾!参道に並ぶ”食べ歩き&お土産スポット”をご紹介します。

2015-12-18 UP!
西美濃 情報サポーターの皆様よりご投稿いただいた地域のイベントや飲食店の感想・体験談などをご紹介するコーナーです。
『長?屋』でモーニング
西美濃情報サポーター大募集!

↑ページトップへ