岐阜県大垣市を中心に地域のニュース、イベント、グルメなどの身近な情報を発信するオフィシャルポータルサイト
大垣地域ポータルサイト西美濃
今日の天気
西美濃ってどこ?
トップ > 西美濃な人 > 住みよい町づくりを目指す「大垣市青野ふるさと福祉村」理事長、藤井 武士さん
西美濃な人

  • 住みよい町づくりを目指す
    「大垣市青野ふるさと福祉村」理事長、藤井 武士さん(76)

「皆で協力し支え合っていきたい」
と話す藤井武士さん
 「畑の出来はどうだね」「しばらく顔を見なかったがどうしていたのかね」。岐阜県大垣市青野町の「ひゃくえん喫茶・みのる」。店内からは、お年寄りたちの楽しそうな話し声が聞こえてくる。運営しているのは、地元青野町の自治会が中心になって設立した「大垣市青野ふるさと福祉村」。地域の人の憩いの場、語らいの場として、開店して10年。盆と正月、5月の連休を除き、毎週火、木、土の週3日間、午前9時〜11時半まで営業している。藤井さんは「地域住民のチームワークのお蔭。無理をせずに皆が支えあい、協力してきたからこそ今がある。今後も地域の人が利用しやすい場にしていきたい」と、静かに話す。


楽しそうに雑談しながら
コーヒーを飲むお年寄りたち
=ひゃくえん喫茶・みのる
 「青野ふるさと福祉村」が誕生したのは、2006年5月。青野町は岐阜県垂井町に隣接する高齢化率約25%の大垣市郊外の農村地帯。これといった娯楽施設もなく、住民たちは「市の中心部にはいろんな施設があるが、青野町は公共交通機関もなく、ここに住む高齢者にとっては利用しにくい。それならば、自分たちの手で皆が集える場をつくろう」と立ち上げた。「ひゃくえん喫茶・みのる」は、大垣市社会福祉協議会が町内の古民家を借りて開設している「福祉の館デイサービス青野」(小規模デイサービス)の空きスペース(和室部分5室約40畳と台所など)を利用して同年10月に開店した。会場は絵画など、地元住民たちの趣味の作品展示場になっており、のんびりと眺めることができる。理事長は青野町自治会長が務めるほか、自治会役員や民生児童委員などの各種団体役員らが理事を務める。


クリスマス会の準備をする
世話役たち
 世話役(店員)は全員ボランティア。現在は、自治会などの呼びかけに応じた約45人が登録して毎回4〜5人が交代で務めている。特定の人に負担がかからぬように3カ月ごとに日程表をつくり、順番で回している。さらに「世話役の人も家族の昼食の用意ができるように」と、午前11時半には閉店する。メニューは、コーヒー、紅茶、ココア、ゆず茶、ジュースなど。お茶菓子も付いている。利用するのは、地域住民など毎回30〜40人。毎回のように顔を出す人も多い。隣接するデイサービス利用者も訪れ、地域住民と和やかに話し合っている。利用者たちは「ここにくると、皆と話し合えるのがうれしい」「町内のことだけでなく、いろんな情報が得られる」「地元の昔の話が聞ける」などとうれしそうに話す。


クリスマス会でビンゴゲームを
するお年寄りたち
 「利用者に喜んでもらえれば」と、2015年最後の開店日となった12月26日はクリスマス会としてケーキやシャンペンが出たほか、参加者全員に景品がもらえる楽しいビンゴゲームもあり、孫と一緒の人など約70人が参加した。青野ふるさと福祉村は、「ひゃくえん喫茶・みのる」のほか、住民たちがボランティアの講師となり、子どもたちに行儀見習いを兼ねた書道教室なども開いている。活動は大垣市社会福祉協議会のホームページで紹介され、大垣市内外だけでなく、東海3県や北海道、鳥取県などからも視察に訪れている。昨年5月には韓国からの視察団もあり、高齢者と世話役のボランティアたちが楽しく話している様子を見て「韓国でも同様の施設をぜひ開設したい」と話していたという。

 藤井さんは「青野ふるさと福祉村は、そこに住む人たちが皆で支えあい、助け合い、安心して住める町づくりを目指している。ひゃくえん喫茶・みのるは、そんな願いが込められた場所。多くの人に利用してもらいたい」と、語りかける。
2016.02.01(子林 光和)

他の西美濃な人を見る


おすすめコーナー用イメージ画像
[だいしん ビジネスマッチング]
新しいビジネスパートナーが、きっと見つかる。をキャッチコピーに大垣西濃信用金庫の新サービス開始。詳しいサービス内容、条件等はご確認ください。
大垣西濃信用金庫
おすすめコーナー用イメージ画像
[カンガルー自転車イベント便]
自転車に関わるイベント(レース等、旅行先でのサイクリングなど)に参加される方が、所有する自転車をイベントが開催される場所(宿泊場所など)へ輸送するサービスです。詳しくはご確認ください。
西濃運輸
岐阜県西美濃地域のオリジナル商品など販売!
関ケ原合戦の武将気分がぐっと高まる商品を取り揃えています。
関ケ原合戦の全容を描いた 関ケ原合戦図屏風(小) 好きな武将の旗を飾っても良し、合戦陣形図をつくるも良し!武将ミニのぼり旗 美濃手漉き和紙で作られた家紋型ウィンドウデコレーションKAMON dECO
関ケ原合戦図屏風を高さ20cmのミニサイズで再現しました
価格:3,600円
好きな武将の旗で気分をアゲ↑よう! 武将ミニのぼり旗
価格:1,350円
美濃手漉き和紙で作られた家紋型ウィンドウデコレーション
価格:980円
西美濃 秋のお祭り特集 第一弾!
 十万石まつりや関ケ原合戦祭りなど、西美濃の個性豊かな秋のお祭りを一挙にご紹介。

2017-9-20 UP!
養老改元1300年祭を楽しもう!
 元号が「養老」と改元されてから1300年の節目を迎えます。これを記念し養老町では、町を挙げて「養老改元1300年祭」が開催されます。

2017-5-25 UP!
大垣出身の漫画家が描く!「聲の形」の舞台紹介in西美濃
 大垣出身の漫画家、大今良時さんのコミック『聲の形』。作品の舞台となった西美濃のスポットをご紹介します。

2015-12-4 UP!
養老 焼肉街道を往く
 県道56号南濃関ヶ原線。又の名を「養老焼肉街道」と呼ばれる街道があるんです!近くのBBQ場の紹介もありますよ!

2014-10-10 UP!
「おちょぼさん」を楽しもう!千代保稲荷神社〜界隈めぐり
 千代保稲荷(おちょぼさん)界隈めぐりの第2弾!参道に並ぶ”食べ歩き&お土産スポット”をご紹介します。

2015-12-18 UP!
西美濃 情報サポーターの皆様よりご投稿いただいた地域のイベントや飲食店の感想・体験談などをご紹介するコーナーです。
『長?屋』でモーニング
西美濃情報サポーター大募集!

↑ページトップへ