岐阜県大垣市を中心に地域のニュース、イベント、グルメなどの身近な情報を発信するオフィシャルポータルサイト
大垣地域ポータルサイト西美濃
今日の天気
西美濃ってどこ?
トップ > 西美濃な人 > 子どもたちに絵本の読み聞かせをする「お話の会・大きな樹」代表、木村 清子さん
西美濃な人

  • 子どもたちに絵本の読み聞かせをする
    「お話の会・大きな樹」代表、木村 清子さん

「お母さんが読んであげるのが一番」
と話す木村清子さん
 「チリン、チリン。お話が始まります。みなさん集まって下さい」。岐阜県大垣市立図書館1階児童閲覧室で、小さな鐘を鳴らしながら会員たちが読み聞かせの始まりを知らせる。その声に合わせて子供たちが児童閲覧室の一角に設けられた「おはなしコーナー」に駆け寄ってくる。会員たちが絵本を読み始めると子供たちは静かに聞き入っている。読み聞かせは、同図書館が現在地に移転開館した1980年1月に始まって以来35周年にわたり毎週土曜、日曜日に1回も休まずに開かれている。木村さんたちは「やっていて楽しい。聞いている子どもたちの目はキラキラ輝いている。笑顔が素晴らしい」と、うれしそうに話す。


絵本の読み聞かせをする会員
=大垣市立図書館
 「大きな樹」の誕生は図書館の移転開館と同じ日。一人でも多くの子どもたちに読書の楽しさを伝えていきたいと、1年間の準備を経て発足。現在の会員は子どもと絵本が大好きな20代〜80代の女性43人、男性2人の計45人。職業も会社員、自営業者、教職員、公務員、パート従業員、主婦と幅広い。読み聞かせは午後2時〜2時半。会員たちが8グループに分かれて毎回4〜5人づつ、絵本の読み聞かせや紙芝居の上演、お話をしている。読む絵本は「子どもたちが思いついた時に手にしやすい本と、できるだけ図書館に置いてある本」にしている。「内容や結末も知らずに、子どもたちに本を読み聞かせることは絶対ない」と、会員たちは、図書館に来る前に自宅で何度も練習してくる。紙芝居を取り入れているのは子どもたちの集中力を切らさないように変化をつけるためと言う。
 読み聞かせる絵本は集まった子どもの年齢に合わせて変わる。9月20日は、秋の大型連休・シルバーウィーク中のためか保育園児や幼稚園児が多く、読む絵本は少し時間が長めの6冊と途中に紙芝居1巻。同月26日は小さな子どもたちが多数で、「おつきさまこんばんは」や「くだもの」など、読む時間が短い絵本8冊と紙芝居1巻。読む本は会員に任せられているが、終わった後に反省会を開いたり、読んだ本を連絡帳に記録しておき、ダブらないようにしている。読み聞かせが始まる前には、会員たちが子どもたちに「こんにちは。待っていてくれたの」「運動会はもう終わったの」「待っていてくれてありがとう」などと優しく話しかけていた。終わると「また来てね」「どうだった」などと話していた。



楽しそうに紙芝居を見る子供たち
=大垣市立図書館
 「大きな樹」は、図書館での読み聞かせのほか、要望に応じて小学校や保育園、幼稚園などを訪れて、絵本の読み聞かせや紙芝居の上演などをしている。発足直後は「ボランティアの読み聞かせグループは東海地方で初めてでは」とも言われ、大垣市内だけでなく、西濃地方各地に出かけて読み聞かせをしていた。現在も、隣の養老町まで年に2回出かけている。木村さんや会員たちは、大垣市が生後4カ月の赤ちゃんに絵本をプレゼントするブックスタート事業にも関わり、保健センターで健康診査を受けた母子に対面で絵本を読み聞かせている。さらに、毎年春と秋の読書週間には「おはなしひろば」なども開いている。


読み聞かせをした後、
反省会を開く会員たち
 木村さんは「子どもにはお母さんが本を読んであげるのが一番。それに勝るものはない。本を読んでいる時のお母さんはやさしい声になる。私たちも本の好きな子どもに育ってもらえるようにこれからもずっと読み聞かせを続けていきたい。そのための新しい仲間を募集しています。一緒にやりませんか」と呼びかけている。問い合わせは事務局のある同図書館(電話 0584-78-2622)へ。入会は毎年4月。
2015.11.02(子林 光和)

他の西美濃な人を見る


おすすめコーナー用イメージ画像
[「OKBギャラリーおおがき」ジュニア水彩展 開催中]
大垣市内 小・中学生の作品を展示しています。開館時間等詳しくはご確認ください。
大垣共立銀行
おすすめコーナー用イメージ画像
[カンガルー自転車イベント便]
自転車に関わるイベント(レース等、旅行先でのサイクリングなど)に参加される方が、所有する自転車をイベントが開催される場所(宿泊場所など)へ輸送するサービスです。詳しくはご確認ください。
西濃運輸
岐阜県西美濃地域のオリジナル商品など販売!
関ケ原合戦の武将気分がぐっと高まる商品を取り揃えています。
関ケ原合戦の全容を描いた 関ケ原合戦図屏風(小) 好きな武将の旗を飾っても良し、合戦陣形図をつくるも良し!武将ミニのぼり旗 美濃手漉き和紙で作られた家紋型ウィンドウデコレーションKAMON dECO
関ケ原合戦図屏風を高さ20cmのミニサイズで再現しました
価格:3,600円
好きな武将の旗で気分をアゲ↑よう! 武将ミニのぼり旗
価格:1,350円
美濃手漉き和紙で作られた家紋型ウィンドウデコレーション
価格:980円
西美濃 秋のお祭り特集 第一弾!
 十万石まつりや関ケ原合戦祭りなど、西美濃の個性豊かな秋のお祭りを一挙にご紹介。

2017-9-20 UP!
養老改元1300年祭を楽しもう!
 元号が「養老」と改元されてから1300年の節目を迎えます。これを記念し養老町では、町を挙げて「養老改元1300年祭」が開催されます。

2017-5-25 UP!
大垣出身の漫画家が描く!「聲の形」の舞台紹介in西美濃
 大垣出身の漫画家、大今良時さんのコミック『聲の形』。作品の舞台となった西美濃のスポットをご紹介します。

2015-12-4 UP!
養老 焼肉街道を往く
 県道56号南濃関ヶ原線。又の名を「養老焼肉街道」と呼ばれる街道があるんです!近くのBBQ場の紹介もありますよ!

2014-10-10 UP!
「おちょぼさん」を楽しもう!千代保稲荷神社〜界隈めぐり
 千代保稲荷(おちょぼさん)界隈めぐりの第2弾!参道に並ぶ”食べ歩き&お土産スポット”をご紹介します。

2015-12-18 UP!
西美濃 情報サポーターの皆様よりご投稿いただいた地域のイベントや飲食店の感想・体験談などをご紹介するコーナーです。
『長?屋』でモーニング
西美濃情報サポーター大募集!

↑ページトップへ