岐阜県大垣市を中心に地域のニュース、イベント、グルメなどの身近な情報を発信するオフィシャルポータルサイト
大垣地域ポータルサイト西美濃
今日の天気
西美濃ってどこ?
トップ > 西美濃な人 > 地域の魅力を発信するグループ「九里半歴史文化回廊」会長、高桐 秀夫さん
西美濃な人

  • 地域の魅力を発信するグループ
    「九里半歴史文化回廊」会長、高桐 秀夫さん(73)

パンフレットを手に牧田地区の
魅力を語る高桐秀夫さん
 かつて京・大阪と美濃・尾張・伊勢などを結ぶ物資輸送ルートだった九里半街道。その宿場町としてにぎわった牧田宿(岐阜県大垣市上石津町牧田地区)。街道沿いには馬頭観音や常夜灯、馬つなぎ石などが今も残る。その牧田地区で地域住民と手をつなぎ、地域の魅力発信に取り組んでいるのが高桐さんら「九里半歴史文化回廊」の仲間たち。高桐さんたちは「九里半街道には昔の風情が数多くそのまま残っている。自分の足で歩いて歴史に触れるのも楽しい」と語り、情報発信とともに景観の整備・保存活動などを展開している。


薩摩藩の家老・阿多長寿院盛淳が
眠る琳光寺
=上石津町牧田
 九里半街道は、濃州三湊として栄えた同県養老町の船附・栗笠・烏江から牧田宿を経由して琵琶湖の朝妻湊に至る陸路。舟で運ばれた尾張や伊勢方面からの荷物を関西・北陸へ最速で安く運べる流通ルート。距離が約九里半(38キロメートル)からこの名で呼ばれていた。
 「九里半歴史文化回廊」が発足したのは、2010年3月。きっかけとなったのは、高桐さんが地元自治会の「広報はぎわら」に2年間にわたり24回連載で執筆した九里半街道の紹介記事。記事を読んだ中学時代の仲間たちが呼びかけて結成した。当初の会員は約20人だったが、現在は50歳代から80歳代までの52人。地元・牧田地区だけでなく、大垣市中心部や養老町などから参加している人もいる。高桐さんは歴史好きで、郷土史家などから故郷の歴史を習ううち、忘れられようとしていく九里半街道の記事を書いたのだ。「古文書もよめず、こつこつと自分の足で確かめました。A4の原稿用紙1枚書くために4回くらいかかり、三湊から琵琶湖の朝妻湊まで4年間かけて調べました」と、当時を振り返る。


馬をつないだとされる馬つなぎ石と
案内看板=同
 会員たちは、九里半街道や地区にかかわる勉強会を兼ねた日帰りの研修旅行に年2回出かける一方、ウォーキングを年1回開催している。昨年11月4日には、天下分け目の関ケ原合戦(1600年)で、西軍が総崩れとなる中、敵中突破した島津隊にちなんだ「島津の退(の)き口コース」で行われ、参加者約50人が自然を満喫しながら約6キロを歩いた。途中、島津隊の殿(しんがり・最後尾)を務めた当主・島津義弘のおい、島津豊久の顕彰碑が立っている烏頭坂や家老・阿多長寿院盛淳が眠る琳光寺などでは、案内人から説明を聞き、歴史ロマンを楽しんだ。九里半街道や伊勢西街道の牧田宿や常夜燈を紹介するパンフレットや案内看板も設置した。案内看板は琳光寺や馬つなぎ石など、地区の各史跡や入り口など20カ所にある。そんな活動が認められ、会は2015年に大垣市景観市民団体に認定された。


保存や整備が待たれる五井家の
旧牧田郵便局=同
 高桐さんたちがこれから取り組もうとしているのが、街道沿いに残るかつて問屋を営んでいた五井家の旧牧田郵便局の保存と整備。1936(昭和11)年から1967年に移転するまで牧田地区の人たちに利用された郵便局を景観遺産として保存する一方、多目的ホールや地元住民の触れ合いの場、郵便局や街道などに関するものを展示する博物館などとして整備できないか具体的な論議を積み重ねている。「お金もないので日曜大工など、自分たちで出来ることは自分たちでやっていきたい。どうして金を集めるか、スポンサー探しから市への働きかけなど、これからやらなければならないことがたくさんある。歴史的にも注目されてきている牧田地区の発展のために何とかしていきたい」と、熱く話す高桐さんたち。苦労はあるだろうが、なんとか実現させてほしい。
2018.05.01(子林 光和)

他の西美濃な人を見る


おすすめコーナー用イメージ画像
[相談プラザ だいしん オアシス林町出張所]
土・日・祝日営業。窓口業務の他、相談業務もおこなっています。ぜひご利用ください。
詳しい営業時間等はご確認ください。
大垣西濃信用金庫
おすすめコーナー用イメージ画像
[カンガルー自転車イベント便]
自転車に関わるイベント(レース等、旅行先でのサイクリングなど)に参加される方が、所有する自転車をイベントが開催される場所(宿泊場所など)へ輸送するサービスです。詳しくはご確認ください。
西濃運輸
岐阜県西美濃地域のオリジナル商品など販売!
武将気分がぐっと高まる関ケ原町と垂井町の商品を取り揃えています。11月22日より垂井町観光協会商品の取扱いを開始しました!
使えば賢くなる!?智将セット 半兵衛クリアファイル&ノートのセット 垂井町が誇る二大武将の陣旗を模したフェイスタオル 陣旗タオル 美濃手漉き和紙で作られた家紋型ウィンドウデコレーションKAMON dECO
使えば賢くなる!?智将セット 半兵衛クリアファイル&ノートのセット
価格:400円
垂井町が誇る二大武将の陣旗を模したフェイスタオル 陣旗タオル
価格:500円
第2回 関ケ原まるごと検定 公式テキストはコチラ!
価格:780円
西美濃の紅葉
 木々が鮮やかに色づく季節ですね。西美濃地域で紅葉が鑑賞できるスポットをご紹介します!

2018-11-8 UP!
西美濃 秋のお祭り特集 第二弾!
 2018年秋!まるごとバザールやJAにしみの農業祭など、西美濃の個性豊かな秋のお祭りを一挙にご紹介いたします!

2018-10-22 UP!
大垣出身の漫画家が描く!「聲の形」の舞台紹介in西美濃
 大垣出身の漫画家、大今良時さんのコミック『聲の形』。作品の舞台となった西美濃のスポットをご紹介します。

2015-12-4 UP!
養老 焼肉街道を往く
 県道56号南濃関ヶ原線。又の名を「養老焼肉街道」と呼ばれる街道があるんです!近くのBBQ場の紹介もありますよ!

2014-10-10 UP!
「おちょぼさん」を楽しもう!千代保稲荷神社〜界隈めぐり
 千代保稲荷(おちょぼさん)界隈めぐりの第2弾!参道に並ぶ”食べ歩き&お土産スポット”をご紹介します。

2015-12-18 UP!
「おちょぼさん」を楽しもう!千代保稲荷神社〜界隈めぐり
 「おちょぼさんならでは」のお参りの仕方や、"食べ歩き"グルメスポットをご紹介!

2014-12-8 UP!
西美濃 情報サポーターの皆様よりご投稿いただいた地域のイベントや飲食店の感想・体験談などをご紹介するコーナーです。
第62回 大垣花火大会

↑ページトップへ