岐阜県大垣市を中心に地域のニュース、イベント、グルメなどの身近な情報を発信するオフィシャルポータルサイト
大垣地域ポータルサイト西美濃
今日の天気
西美濃ってどこ?
トップ > 西美濃な人 > ふるさとの歴史を今につなぐ「中山道ミニ博物館」館長、太田 三郎さん
西美濃な人

  • ふるさとの歴史を今につなぐ
    「中山道ミニ博物館」館長、太田 三郎さん(94)

兵法書を手にする太田三郎さん
 江戸時代の街道の面影が今も残る岐阜県垂井町。その街道沿いにある「中山道ミニ博物館」。太田さんが自身のコレクションを展示する博物館とし1991年に自宅を改造して開館させた。そのミニ博物館で幕末の長州藩士・吉田松陰の妹、文を主人公として放映中のNHKの大河ドラマ「花燃ゆ」に合わせ、松陰と親交のあった垂井町出身の幕末の兵法家、長原武と、その長男・孝太郎、孫・坦の長原家3代のゆかりの品を集めた特別展(10月11日まで)が開かれている。太田さんは「松陰が高く評価した長原武。幕末戦乱の中で平和に生きようとした岐阜県が誇る大人物。先行き不安な世の時代にあってこんな人物が最も必要であり、大事にしていきたい」と、垂井町文化財保護協会発行の冊子に書いている。


右から長原武、孝太郎、坦の三代
 垂井町史などによると、長原武は、1823(文政6)年に現在の垂井町岩手で旗本・竹中家家臣の三男として生まれた。幼少の頃から漢学や武道に親しんだ。外国船がしばしば日本へ来航するようになり、世情不安となった嘉永・安政年間(1848〜59)に江戸に遊学。山鹿流の兵法を学び、吉田松陰らとともに「山鹿素水門下の三秀」とも称せられた。松陰は長原や大垣在住の友人に会うために大垣を訪れたほか、長原宛ての書簡などを残している。松陰が長州でとらわれの身だった頃には、江戸に出る知人や門下生たちの面倒を見て欲しいとの紹介文を書いているという。しかし、長原は病気がちで、その後に郷里の岩手に戻り静養していたが、1868(慶応4)年に46歳で亡くなったとされている。


長原家三代の特別展で説明する
太田さん
 垂井町で生まれ育った太田さん。教職を務める傍ら、1955年ごろから地元・垂井や中山道の研究に励み、「中山道の研究」や「中山道美濃十六宿」などを執筆してきた。そんな中、「失われ、忘れ去られていく中山道の文化遺産を少しでも後世に伝えたい」と、「中山道ミニ博物館」を開館させた。岐阜県は「まちかど美術館・博物館普及事業」第1号として開館した年に指定している。ミニ博物館や自宅には江戸時代の旅用具や中山道の宿場を描いた版画など、街道に関する街道史料、民俗史料、街道関係図書など1万1000点以上が収蔵してある。今回の特別展では、松陰直筆の書や長原が愛読した兵法書のほか、武の長男で洋画家として活躍する一方、東京美術学校(現・東京芸術大)教授として多くの学生を教えた孝太郎(1864〜1930)と、孫で父・孝太郎の指導を受けた洋画家で東京都立高校の美術講師を務めた坦(1907〜86)が描いた絵画やスケッチなど計約90点が展示してある。


街道の史料などが展示されている
中山道ミニ博物館
 ミニ博物館には今年5月16日に岐阜県大垣市で開かれた明治維新で活躍した人を顕彰する霊山顕彰会岐阜県支部の創立35周年記念総会で「吉田松陰とその家族こそ維新の底力」として題して記念講演した所功・京都産業大学名誉教授が講演前に訪れているほか、街道研究家や歴史愛好家などが県内だけでなく、全国各地から勉強や見学に来ている。ミニ博物館は入場無料だが予約が必要。希望者は太田さん方(TEL 0584-22-2897)へ。
 名古屋市や東京、京都などにも出かけて史料を集めてきた太田さん。北海道開拓史も執筆しており、今年5月24日には帯広県人会創立100周年記念式典にも招かれ、感謝状を受け取った。太田さんは「教え子や関係者など、多くの人の協力でミニ博物館を充実することができた。これからも地域のお役に立ちたい」と意欲的だ。
2015.08.03(子林 光和)

他の西美濃な人を見る


おすすめコーナー用イメージ画像
[だいしんフリーローン アシスト]
使い道の限定はありません(事業資金除く)。様々な資金ニーズに柔軟にお応え。貸出し条件等詳しくはご確認ください。
大垣西濃信用金庫
おすすめコーナー用イメージ画像
[ガスde暖房SALE開催中]
ガスde暖房セール開催中です。ショールーム「ほのりんプラザ」にて展示中です。詳しくはご確認ください。
大垣ガス株式会社
岐阜県西美濃地域のオリジナル商品など販売!
武将気分がぐっと高まる関ケ原町と垂井町の商品を取り揃えています。11月22日より垂井町観光協会商品の取扱いを開始しました!
垂井町観光協会商品販売記念キャンペーン
使えば賢くなる!?智将セット 半兵衛クリアファイル&ノートのセット 垂井町が誇る二大武将の陣旗を模したフェイスタオル 陣旗タオル 美濃手漉き和紙で作られた家紋型ウィンドウデコレーションKAMON dECO
使えば賢くなる!?智将セット 半兵衛クリアファイル&ノートのセット
価格:400円
垂井町が誇る二大武将の陣旗を模したフェイスタオル 陣旗タオル
価格:500円
第2回 関ケ原まるごと検定 公式テキストはコチラ!
価格:780円
西美濃の初詣 初日の出
 西美濃地域の各市町にある「ご利益いっぱい!」な初詣スポットや、初日の出イベントのご紹介。

2017-12-22 UP!
大垣出身の漫画家が描く!「聲の形」の舞台紹介in西美濃
 大垣出身の漫画家、大今良時さんのコミック『聲の形』。作品の舞台となった西美濃のスポットをご紹介します。

2015-12-4 UP!
養老 焼肉街道を往く
 県道56号南濃関ヶ原線。又の名を「養老焼肉街道」と呼ばれる街道があるんです!近くのBBQ場の紹介もありますよ!

2014-10-10 UP!
「おちょぼさん」を楽しもう!千代保稲荷神社〜界隈めぐり
 千代保稲荷(おちょぼさん)界隈めぐりの第2弾!参道に並ぶ”食べ歩き&お土産スポット”をご紹介します。

2015-12-18 UP!
「おちょぼさん」を楽しもう!千代保稲荷神社〜界隈めぐり
 「おちょぼさんならでは」のお参りの仕方や、"食べ歩き"グルメスポットをご紹介!

2014-12-8 UP!
西美濃 情報サポーターの皆様よりご投稿いただいた地域のイベントや飲食店の感想・体験談などをご紹介するコーナーです。
初詣の帰り道
西美濃情報サポーター大募集!

↑ページトップへ