岐阜県大垣市を中心に地域のニュース、イベント、グルメなどの身近な情報を発信するオフィシャルポータルサイト
大垣地域ポータルサイト西美濃
今日の天気
西美濃ってどこ?
トップ > 西美濃な人 > 愛情に満ちた心温まる「愛の詩」の審査委員長、冨長 覚梁さん
西美濃な人

  • 愛情に満ちた心温まる
    「愛の詩」の審査委員長、冨長 覚梁さん(79)

冨長覚梁さん
 「養老の滝」の孝子伝説で知られる岐阜県養老町が「家族の愛」をテーマに毎年、全国公募している「愛の詩」。スタートして今年度で14回目。当初は「親と子 愛の詩」だったが、詩の幅を広げるために、タイトルは少しずつ変わり、現在は「家族の絆 愛の詩」。
 同町在住の詩人として、立ち上げから携わり、審査委員長を務める冨長さんは「作品のレベルが年々高くなっている。子供たちの影響からか最近は町内の大人の応募も増えてきている。町民の間に詩が根付いてきたのでは」と喜ぶ。そして「年齢だが、もう少しお手伝いをしたい」と穏やかな言葉ながら、「愛の詩」に対する思いを語る。


入賞作品を発表する受賞者
(養老町提供)
 「愛の詩」は、詩人として多くの人に知られ、当時町の教育委員をしていた冨長さんや町教委幹部たちの「ふるさと」への思いや「まちづくり」対する熱い情熱から誕生した。
 「心の教育を進めよう」「養老町を詩のまちにしたい」「親孝行のまちを全国に発信しよう」などの、意見が交わされ、2000年度にスタートした。小中学生の部と高校生以上の一般の部があり、家族の絆、他人への思いやり、感謝の心を大切にする詩などが毎年、多数寄せられている。スタート当初は、1500〜1600編の応募があったが、1100編台に落ち込んだこともある。しかし最近は2000編を超え、昨年度は過去最高の2443編、今年度も県内をはじめ、北海道から九州までの全国各地から2299編の応募があった。


発刊された「愛の詩」の本
 これまでの累計は2万4526編にもなる。審査は冨長さんら5人が当たる。4人の審査員は半分づつを2人で担当するが、冨長さんはこれらの詩すべてに目を通してきた。「短い期間で読まなくてはならずに疲れますが、なかなか心打つ作品もあり、教えられることも多い」とうれしそうに振り返る。今年度の入賞者への表彰式と詩の発表会は1月末に行われ、冨長さんが講評した。入賞作品を集めた本も町から出版されている。


父 覚夢さんの漢詩レリーフ
=大垣市郷土館
 冨長さんは「詩は作文や感想文ではない。深いものを感じて作り上げていくもの。人に見えていないものでも、じっくりと見ていると本質が見えてくる。今年度の詩の中に、町内の小学6年生が書いた『黒いねこを追いかけたその先には』との作品があるのですが、この児童は『夕日を姉と一緒に見た。それが黒ねこのおかげ』と書いている。黒いねこを追いかけたことが詩になっている。詩を書くことで視野が広くなり、思いが深くなる。詩は感性。感性は磨けば豊かになる。見る目が違ってくる」とアドバイスする。


冨長さんの詩碑=大垣別院
 大学時代に詩を書く友人がいたから詩を書くようになった、という冨長さん。今でも天気の良い日は寝る前に星空をながめ、亡くなった両親や姉、友人たちに話しかけ、心を落ち着かせてから床に就くというロマンチスト。
 地元・養老町だけでなく、隣接の大垣市でも数多くの功績を残している。大垣市文芸祭の詩の審査員を40年以上続けているほか、市立図書館での現代文学講座・名詩鑑賞の講師なども務めている。
 濃尾大震災100年の1991年には、犠牲者への鎮魂に思いを込めて「朝(あした)に寄せる挽歌」の詩を書いた。その詩碑が大垣別院の境内に建てられている。
 詩の仲間たちを大垣市青野町の美濃国分寺跡に招いて「天平の詩の朗読の夕べ」なども開いた。その功績に98年に大垣市教委の教育功労者、翌年には大垣市の功労者として表彰された。
2014.03.03(子林 光和)

他の西美濃な人を見る


おすすめコーナー用イメージ画像
[J-Point スタイル]
かしこく使いこなせば、おトクがいっぱいのJ-Pointです。詳しくはご確認下さい。
十六銀行
おすすめコーナー用イメージ画像
[GO!GO!ガス展 10月27日(金)〜29日(日)]
今年もこの季節がやってきました、大垣ガス第55回ガス展。期間は10月27日(金)から10月29日(日)。場所は大垣ガスほのりんプラザ。イベントの内容やタイムスケジュール、駐車場案内等詳しい内容はご確認ください。
大垣ガス株式会社
岐阜県西美濃地域のオリジナル商品など販売!
関ケ原合戦の武将気分がぐっと高まる商品を取り揃えています。
関ケ原合戦の全容を描いた 関ケ原合戦図屏風(小) 好きな武将の旗を飾っても良し、合戦陣形図をつくるも良し!武将ミニのぼり旗 美濃手漉き和紙で作られた家紋型ウィンドウデコレーションKAMON dECO
関ケ原合戦図屏風を高さ20cmのミニサイズで再現しました
価格:3,600円
好きな武将の旗で気分をアゲ↑よう! 武将ミニのぼり旗
価格:1,350円
美濃手漉き和紙で作られた家紋型ウィンドウデコレーション
価格:980円
西美濃 秋のお祭り特集 第一弾!
 十万石まつりや関ケ原合戦祭りなど、西美濃の個性豊かな秋のお祭りを一挙にご紹介。

2017-9-20 UP!
養老改元1300年祭を楽しもう!
 元号が「養老」と改元されてから1300年の節目を迎えます。これを記念し養老町では、町を挙げて「養老改元1300年祭」が開催されます。

2017-5-25 UP!
大垣出身の漫画家が描く!「聲の形」の舞台紹介in西美濃
 大垣出身の漫画家、大今良時さんのコミック『聲の形』。作品の舞台となった西美濃のスポットをご紹介します。

2015-12-4 UP!
養老 焼肉街道を往く
 県道56号南濃関ヶ原線。又の名を「養老焼肉街道」と呼ばれる街道があるんです!近くのBBQ場の紹介もありますよ!

2014-10-10 UP!
「おちょぼさん」を楽しもう!千代保稲荷神社〜界隈めぐり
 千代保稲荷(おちょぼさん)界隈めぐりの第2弾!参道に並ぶ”食べ歩き&お土産スポット”をご紹介します。

2015-12-18 UP!
西美濃 情報サポーターの皆様よりご投稿いただいた地域のイベントや飲食店の感想・体験談などをご紹介するコーナーです。
『長?屋』でモーニング
西美濃情報サポーター大募集!

↑ページトップへ