岐阜県大垣市を中心に地域のニュース、イベント、グルメなどの身近な情報を発信するオフィシャルポータルサイト
大垣地域ポータルサイト西美濃
今日の天気
西美濃ってどこ?
トップ > 西美濃な人 > 情報共有で連携と交流を深める「大垣市ボランティア連絡協議会」会長、大橋 俊雄さん
西美濃な人

  • 情報共有で連携と交流を深める
    「大垣市ボランティア連絡協議会」会長、大橋 俊雄さん(76)

「後ろを向いていてはダメ。前を向いて」
と、語る大橋俊雄さん
=大垣市総合福祉会館
 「ボランティアとは自ら進んでやるもの。自分の出来る範囲で参加すれば良いのでは」と、語る大橋俊雄さん。交通事故で半身不随になり、車いす生活を送りながらボランティア活動に積極的に取り組む。「後ろを向いてはだめ。常に前を向かなければ。車いすだから被災地現場に行けなくても、書くことや話すことは出来る。被災地の受付なら出来る」と防災士資格も取った。10月27、28日に岐阜県大垣市馬場町の市総合福祉会館とその周辺で開かれる「福祉ふれあいボランティアフェスティバル」の準備委員も務める。「フェスティバルは90近い団体が協力して開催する。ぜひ会場に足を運んでほしい」と、呼びかける。


ボランティアフェスティバルが
開かれる大垣市総合福祉会館
=同市馬場町
 大橋さんが事故に遭ったのは1997年4月25日朝。名古屋市の勤務先の会社に通うため、当時住んでいた自宅から最寄りの電車の駅へバイクで向かう途中、信号のない交差点でワゴン車と衝突、首の骨を折るなどで10カ月入院した。「入院して3カ月くらいは、病院から飛び降りて死にたい、と思っていた」と、大橋さん。そんな大橋さんの気持ちを変えたのは、障害を持ちながらも活躍する人の姿をテレビなどで見たのがきっかけ。「後ろを向いていてはだめ。前を向かなければ」と、朝、昼、晩と辛いリハビリに積極的に打ち込んだ。


ボランティアフェスティバルの
打ち合わせをする役員会=同
 大垣市ボランティア連絡協議会に参加したのは約13年前。「こんな身体でどこまで出来るか分からないが自分で出来る範囲で」と、同協議会の「施設支援部会」に入った。同協議会は2005年10月の発足。施設支援、自立支援、子育て支援、災害救援、楽学、地域づくりの6専門部会を持ち、定例会や勉強会、施設訪問などを行っている。フェスティバルに協力するほか、3月には交流会も開く。7月1日現在の会員は61団体4887人。認定NPO法人「日本車椅子レクダンス協会」大垣支部長も務める大橋さんは、練習会を開くほか、仲間と高齢者福祉施設や障害者施設などを訪問し、車いすレクダンスを披露している。同協議会の活動拠点は市総合福祉会館1階の市ボランティア市民活動支援センター。9月6日には各部会代表者が集まり、同センターでフェスティバルに向けた役員会を開いた。


「ボランティアの集い」で
車いすレクダンスを披露する会員
=大垣市社会福祉協議会提供、昨年写す
 大垣市社会福祉協議会などでつくる実行委員会主催の「福祉ふれあいボランティアフェスティバル」は、今年28回目を迎える。今年のテーマは「あなたのえがおで みらいがひらく」。福祉会館5階では、27日午後に「ボランティアの集い」が開かれ、歌や踊り、器楽演奏による交流イベントのほか、健康体操や避難所での知恵袋(紙や新聞紙を使ってのマスクやスリッパづくり)がある。28日午前は、身障福祉大会・記念講演。演題は「手足に障がいのある方の自立と社会参加を支える介助犬」。両日とも4階では、身障作品の展示と販売、3階では、同協議会に加盟するボランティア団体の活動紹介やペンダント作成(エレベーター前)。会館西側駐車場では、おもちゃ病院の出張所が設けられる。会館東側駐車場では、非常炊き出しや試食コーナー、模擬店や福祉施設自主製品販売コーナーもある。
 昨年4月から同協議会の3代目会長を務める大橋さん。「交通事故のことは今もはっきりと覚えている。しかし、相手を恨むことはない。車いす生活だが元気に動けるし、書くことも話すことも出来る。元気なうちはボランティア活動を続けていきたい。みなさんもボランティアを始めませんか。」と、明るく話す。
2018.10.01(子林 光和)

他の西美濃な人を見る


おすすめコーナー用イメージ画像
[相談プラザ だいしん オアシス林町出張所]
土・日・祝日営業。窓口業務の他、相談業務もおこなっています。ぜひご利用ください。
詳しい営業時間等はご確認ください。
大垣西濃信用金庫
おすすめコーナー用イメージ画像
[カンガルー自転車イベント便]
自転車に関わるイベント(レース等、旅行先でのサイクリングなど)に参加される方が、所有する自転車をイベントが開催される場所(宿泊場所など)へ輸送するサービスです。詳しくはご確認ください。
西濃運輸
岐阜県西美濃地域のオリジナル商品など販売!
武将気分がぐっと高まる関ケ原町と垂井町の商品を取り揃えています。11月22日より垂井町観光協会商品の取扱いを開始しました!
使えば賢くなる!?智将セット 半兵衛クリアファイル&ノートのセット 垂井町が誇る二大武将の陣旗を模したフェイスタオル 陣旗タオル 美濃手漉き和紙で作られた家紋型ウィンドウデコレーションKAMON dECO
使えば賢くなる!?智将セット 半兵衛クリアファイル&ノートのセット
価格:400円
垂井町が誇る二大武将の陣旗を模したフェイスタオル 陣旗タオル
価格:500円
第2回 関ケ原まるごと検定 公式テキストはコチラ!
価格:780円
西美濃の紅葉
 木々が鮮やかに色づく季節ですね。西美濃地域で紅葉が鑑賞できるスポットをご紹介します!

2018-11-8 UP!
西美濃 秋のお祭り特集 第二弾!
 2018年秋!まるごとバザールやJAにしみの農業祭など、西美濃の個性豊かな秋のお祭りを一挙にご紹介いたします!

2018-10-22 UP!
大垣出身の漫画家が描く!「聲の形」の舞台紹介in西美濃
 大垣出身の漫画家、大今良時さんのコミック『聲の形』。作品の舞台となった西美濃のスポットをご紹介します。

2015-12-4 UP!
養老 焼肉街道を往く
 県道56号南濃関ヶ原線。又の名を「養老焼肉街道」と呼ばれる街道があるんです!近くのBBQ場の紹介もありますよ!

2014-10-10 UP!
「おちょぼさん」を楽しもう!千代保稲荷神社〜界隈めぐり
 千代保稲荷(おちょぼさん)界隈めぐりの第2弾!参道に並ぶ”食べ歩き&お土産スポット”をご紹介します。

2015-12-18 UP!
「おちょぼさん」を楽しもう!千代保稲荷神社〜界隈めぐり
 「おちょぼさんならでは」のお参りの仕方や、"食べ歩き"グルメスポットをご紹介!

2014-12-8 UP!
西美濃 情報サポーターの皆様よりご投稿いただいた地域のイベントや飲食店の感想・体験談などをご紹介するコーナーです。
第62回 大垣花火大会

↑ページトップへ