岐阜県大垣市を中心に地域のニュース、イベント、グルメなどの身近な情報を発信するオフィシャルポータルサイト
大垣地域ポータルサイト西美濃
今日の天気
西美濃ってどこ?
トップ > 特集一覧 > バックナンバー
※掲載内容は本特集リリース時期(2012年4月4日更新)の情報です。内容が変更となる場合がありますので、事前に必ずお問合せください。あらかじめご了承ください。

「大垣市奥の細道むすびの地記念館」オープン特集

昨年より建設が進められてきた「大垣市奥の細道むすびの地記念館」がいよいよ4月8日(日)にオープンします。
 ご存知の通り、大垣市は俳聖・松尾芭蕉が「奥の細道」の旅を終えた「むすびの地」として歴史的に有名な地です。
 この記念館はその松尾芭蕉の人物像や旅に生きた生涯、そのほか奥深い大垣の歴史を一度に振り返ることができる施設です。
 今回はこの「奥の細道むすびの地記念館」にスポットをあて、その魅力とオープニングイベントをご紹介します。
芭蕉館/常設展示室

「大垣市奥の細道むすびの地記念館」とは
 大垣市では、中心市街地の一層の活性化と回遊性の誘発に向け、歴史と文化が息づく船町・美濃路界隈で、芭蕉が「奥の細道」の紀行を終えたむすびの地周辺に、文化の薫り高い大垣の個性を生かした「憩いと賑わいの空間」を創出するため、奥の細道むすびの地周辺整備に取り組んでいます。「大垣市奥の細道むすびの地記念館」はその中核施設として建設されました。
 記念館では、紀行文「奥の細道」の解説をはじめ、松尾芭蕉の人となりや旅に生きた人生を紹介する「芭蕉館」、大垣の歴史や文化・芸術を築き上げた江戸時代の先賢の偉業を紹介する「先賢館」、西美濃地域や大垣地域の観光情報や全国の芭蕉関連施設を紹介する「観光・交流館」の3館と、大垣藩藩老・小原鉄心の別荘で、市指定文化財である「無何有荘大醒しゃ(漢字は木へんに射)」から構成されています。

芭蕉館

AVシアター

芭蕉館/AVシアター
3Dメガネを着用します
芭蕉館/AVシアター
臨場感あふれる映像
 40名程度収容可能なAVシアターで、これから辿る「奥の細道」の導入部として、200インチスクリーンを設置し、臨場感あふれる3D映像とともに、紀行文「奥の細道」の概要を体感することができます。
 映像は、全体概説映像のほか、小中学生向け全体概説映像、テーマ映像(水に着目した「奥の細道」)があり、それぞれ違った視点で「奥の細道」を表現されています。
ここがポイント☆

3D映像のため、館内で配布される専用のメガネを着用して、臨場感あふれる映像を体験することができます。上映は1時間に2回開催されます。

常設展示室

 3D映像を見て「奥の細道」を体感した後は、常設展示室に入ります。
 前半は、紀行文である「奥の細道」を旅路ごとに区切り、総合監修者の監修による解説や高画質の映像を駆使して、芭蕉が歩いた「奥の細道」の軌跡を追うことにより、見た人の記憶に残る展示となっており、文学になじみのない方でも「奥の細道」の世界に浸ることができます。
芭蕉館/常設展示室
順番に旅路を辿ります
芭蕉館/常設展示室
「発端」ここからスタートします
芭蕉館/常設展示室
むすびの地「大垣」は大型のディスプレイで紹介
芭蕉館/常設展示室
リアルに複製された本などが展示されています
芭蕉館/常設展示室
旅路を映像でも紹介
芭蕉館/常設展示室
大きなディスプレイでとても見やすいです
ここがポイント☆

 ディスプレイのガラスに、立体的な吹き出しの説明が貼られていて文学は苦手という方も親しみやすい展示になっています。  また複製された「奥の細道」の版本を実際に手にとって触れることができるコーナーもあります。
芭蕉館/常設展示室
立体的な吹き出しによる説明
芭蕉館/常設展示室
版本を手に取って触れることができます

 後半は、奥の細道の展示作品や書簡などの俳諧関連資料により、俳聖・松尾芭蕉の人物像や旅に生きた人生を紹介しています。
 「人間・芭蕉」、「俳諧師・芭蕉」、「同時代人の評した芭蕉」の3つのテーマで、作品や書簡、評伝などにみられる芭蕉の言葉や人物評をもとに、芭蕉の人物像を紹介するコーナーや、「旅の人・芭蕉」をテーマに、人生の多くを旅に費やした生涯であったことを感じとれる「芭蕉旅年譜」や、その旅の行程を示す「地 図」を展示し、旅に生きた芭蕉を紹介しています。
 その他、芭蕉と谷木因の親交関係を示す書簡をはじめ、近藤如行、中川濁子、宮崎荊口などの大垣俳壇に関わる資料も取り上げ、芭蕉と大垣俳壇との交流も紹介します。
芭蕉館/常設展示室
見ごたえある展示
芭蕉館/常設展示室
高低差が分かる立体的な地図
ここがポイント☆

 芭蕉の旅路を高低差が一目で分かる立体的な地図で紹介されています。

先賢館

常設展示室

 「文教のまち・大垣」の礎を築いた大垣藩主・戸田公の歴代にわたる文教施策や、江戸時代中期から幕末にかけて活躍した先賢の偉業を、資料展示や、実際に触れることができる体験展示により紹介されています。紹介する先賢は、江馬蘭斎、飯沼慾斎、江馬細香、梁川星巌、小原鉄心の5人です。
 日本史に登場する人物と大垣の先賢との関わりがわかる映像もあり、一見の価値ありです。
紹介する先賢
美濃西洋医学の先駆者 / 江馬蘭斎
詩画の才能を発揮した才女 / 江馬細香
近代植物学の開拓者 / 飯沼慾斎
勤王の志士を導いた漢詩人 / 梁川星巌
酒と梅と詩を愛した大垣藩の重鎮 / 小原鉄心
先賢館/常設展示室
展示のようす
先賢館/常設展示室
入口に展示された先賢のイメージ画
先賢館/常設展示室
先賢たちの関わりを映像で観れます
先賢館/常設展示室
先賢ゆかりの地マップがあります
ここがポイント☆

 先賢が残した偉業を実際に手に触れて体験することができます。
芭蕉館/常設展示室
江馬蘭斎 蒸気風呂
芭蕉館/常設展示室
飯沼慾斎が描いた生物の世界など
芭蕉館/常設展示室
飯沼慾斎 顕微鏡



観光・交流館

 大垣周辺の観光に迷ったら、「観光・交流館」に立ち寄ってみましょう。
 市内の観光スポットだけでなく、西美濃エリアの見どころや食べ処を紹介するインフォメーションコーナーと、お土産や特産品などを購入できる物産コーナーなどがあります。
観光・交流館
観光情報を調べることができます
観光・交流館
iPadで調べることもできます
観光・交流館
観光・交流館
さまざまな物産品を購入することができます。
観光・交流館の2階には、さまざまな講座や研修会の開催が可能な多目的室もあります。
施設の貸し出しをしていますので、会議等、幅広くご利用できます。

むかゆうそうたいせいしゃ

大垣藩藩老・小原鉄心の別荘で復元された「無何有荘大醒しゃ」を見ることができます。(市指定文化財)
無何有荘大醒しゃ
無何有荘大醒しゃ

「むかゆうそうたいせいしゃ」とは

 大垣藩士・小原鉄心の別荘「無何有荘」の中にあった三棟の建物のうちの一つが「大醒しゃ」と呼ばれ、後に煎茶茶室として使われ、幕末動乱期には志士文人が訪れ、天下国家を語ったとされています。
 元は林町にありましたが、全昌寺(徳川家康の姪で、大垣藩主戸田氏鉄の室・大誓院の創建の寺)の境内に移設されました。ここには鉄心の墓も建てられています。

「むかゆうそうたいせいしゃ」の内部

 一般には公開されていませんが、取材のため内部を見せていただきました。
 6畳ほどの広さの部屋で、天井は現在の一般的な高さに比べて低くなっています。
 日本では珍しい中国風の建築デザインとなっています。
無何有荘大醒しゃ
歴史を感じる内部の様子
無何有荘大醒しゃ
天井は網代張り
無何有荘大醒しゃ
無何有荘大醒しゃ
当時はめずらしかったガラスを使用。写真では分かりづらいですが、手作りのため表面が凸凹しています。
中国風のデザインの衝立。左の衝立にはギヤマン(カットガラス)が使われています。さらに青色と赤色に染められています。

「むかゆうそうたいせいしゃ」の外部

 建物の裏には沼を再現した外溝が施されていて、当時はここに船を着けて出入りしていたそうです。
無何有荘大醒しゃ

施設のご利用について

会館案内および入館料

開館案内
館内施設芭蕉館/先賢館観光・交流館
料金有料無料
開館時間午前9時〜午後5時午前9時〜午後9時
休館日無休(ただし、年末年始は休館)
芭蕉館/先賢館 入館料
入館券 ※1、2一般300円
団体150円
共通入館券 ※3一般600円
団体300円
※1) 18歳以下の方は無料です。
※2) 団体扱いは20人以上です。
※3) 記念館以外に「大垣城」「郷土館」「守屋多々志美術館」にも入館できます。

貸室料金

貸室料金
区分多目的室1多目的室2
全室1-11-2全室
面積(平方メートル)139.7684.6455.1264.99
収容人数約80人約45人約25人約30人
午前(9時〜12時)700円400円400円400円
午後(13時〜17時)800円500円500円500円
夜間(18時〜21時)1,200円700円700円700円
1日(9時〜21時)2,000円1,500円1,500円1,500円
延長1時間につき100円100円100円100円
  • 大垣市商工観光課
  • 〒503-0923 大垣市船町2丁目26番地1
  • 0584-81-4111


1/2 次ページへ
アイコンの見方
問合せ先問合せ先  住所住所  電話番号電話番号 
特集
Page 1
・いよいよ4月8日
 「大垣市奥の細道むすびの地記念館」オープン!
・芭蕉館
・先賢館
・観光・交流館
・無何有荘大醒しゃ
Page 2
・奥の細道むすびの地記念館
  オープニングイベント

・ウォーキングイベント
バックナンバー


おすすめコーナー用イメージ画像
[だいしんサマーキャンペーン]
「だいしん Go Challenge 定期預金 」開始。期間や対象条件など詳しくはご確認ください。
大垣西濃信用金庫
おすすめコーナー用イメージ画像
[エコ・ループサービス]
お引越の際に発生する不用品(本、CD、衣類など)、西濃運輸が商品をお預りし、ネットオフにて、査定、買取を行うものです。詳しくはご確認ください。
西濃運輸
岐阜県西美濃地域のオリジナル商品など販売!
関ケ原合戦の武将気分がぐっと高まる商品を取り揃えています。
関ケ原合戦の全容を描いた 関ケ原合戦図屏風(小) 好きな武将の旗を飾っても良し、合戦陣形図をつくるも良し!武将ミニのぼり旗 胸元の家紋でさりげなく推し武将をアピール 武将Tシャツ
関ケ原合戦の全容を描いた 関ケ原合戦図屏風(小)
価格:3,600円
好きな武将の旗を飾っても良し合戦陣形図をつくるも良し!武将ミニのぼり旗
価格:1,350円
胸元の家紋でさりげなく推し武将をアピール 武将Tシャツ
価格:1,800円
夏の屋外プール特集
 西美濃にある屋外プールの紹介!ウォータースライダーなど、色々なプールがありますよ☆安全に水遊びしましょう!

2017-6-28 UP!
西美濃 初夏の花めぐり
 雨の降る中傘をさして、あじさいや菖蒲や蓮など上品で色鮮やかな花を見ながら散策をしてみませんか?

2017-6-7 UP!
養老改元1300年祭を楽しもう!
 元号が「養老」と改元されてから1300年の節目を迎えます。これを記念し養老町では、町を挙げて「養老改元1300年祭」が開催されます。

2017-5-25 UP!
大垣出身の漫画家が描く!「聲の形」の舞台紹介in西美濃
 大垣出身の漫画家、大今良時さんのコミック『聲の形』。作品の舞台となった西美濃のスポットをご紹介します。

2015-12-4 UP!
初夏の和菓子特集 大垣編
 大垣の夏の風物詩と言えば「水まんじゅう」。他にも初夏に食べたい涼しげな和菓子を集めてみましたよ!

2015-5-20 UP!
養老 焼肉街道を往く
 県道56号南濃関ヶ原線。又の名を「養老焼肉街道」と呼ばれる街道があるんです!近くのBBQ場の紹介もありますよ!

2014-10-10 UP!
西美濃 情報サポーターの皆様よりご投稿いただいた地域のイベントや飲食店の感想・体験談などをご紹介するコーナーです。
『長?屋』でモーニング
西美濃情報サポーター大募集!

↑ページトップへ