大垣地域ポータルサイト 西美濃


西美濃
トップ

ひまわりからのメッセージ

戻る
ひまわりからのメッセージ

特定非営利活動法人(NPO)ひまわりの花とは?

・平成27年12月18日に、大垣市から正式に認証を受けた法人です。
・主に発達障がい児・者の支援を中心に活動を進めています。乳幼児期からの子育て支援や、園や学校での困り感のある子どもたちを支え、特性の理解や具体的な指導方法を関係者と連携しながら共に考え、保護者の方々の悩みにも応えていきます。
・平成28年度からは、岐阜県の委託を受けて「西濃圏域発達障がい児療育地域支援センター」(通称:発達支援センターひまわり)の活動も行い、西濃圏域内の依頼は「西濃圏域支援センター」の業務として、また、西濃圏域外の他市町村の依頼は「NPOひまわりの花」が受けていきます。


◆相談の受付
〒503-0801
大垣市和合新町1丁目79番地1 いかわクリニック
 電話:090-9228-7395(留守電にお願いします) 又は
 メール:himawarinohana_0210@yahoo.co.jp

 いずれかに申し込みをしてください。日時の調整をさせていただきます。
なお、大垣市内の方は、大垣市障害福祉課発達支援グループにご連絡いただくことも出来ます。
 相談員:中野たみ子・高田美恵子・浅野和枝など

西濃圏域発達障がい児療育地域支援センターの活動のご紹介(通称:西濃圏域発達支援センター・ひまわり)

  1. 支援センターは平成20年度から活動開始
    岐阜県の委託事業で、岐阜県の各圏域(西濃・中濃・東濃・飛騨)に設置されています。西濃圏域の発達障がい児療育地域支援センターは平成20〜27年度までは「大垣市社会福祉事業団」が委託を受けて活動をしてきましたが、平成28年度から「NPOひまわりの花」が委託を受けることになりました。
  2. 主な活動
    発達障がい児・者の理解を広め、途切れなく支援を継続していくために次のような活動をしています。
    (1)保護者や本人の相談(随時)
    (2)圏域の関係機関の連携(ケース検討会を通じて各市町の関係機関の連携づくりを図る)
    (3)小・中学校・高等学校や園などへの巡回と支援、ケース会議等(学校や園、保護者などからの依頼)
    (4)センター専門支援員による講演会や講座の実施
    <講演内容の例>
    ・乳幼児期からの子どもの発達
    ・発達障がいの理解と具体的対応
    ・療育スタッフ研修会や保育士研修会の講師・助言
    ・保護者向け講座(「思春期を乗り越えるために」「自宅で工夫できる学習の仕方」等)
    ・サポートブック(スマイルブック)のあり方についての検討
    (5)外部講師による講演会の実施
    (6)心理検査の実施
    (7)広報誌の発行(「ひまわりからのメッセージ」月1回発行)
    (8)センター親の会(毎月第2月曜日に例会)開催
  3. 発達障がい専門支援員の持っている資格
    教員免許(中・高・特別支援学校)・臨床発達心理士・言語聴覚士・保育士・特別支援教育士など


ひまわりからのメッセージ