岐阜県大垣市を中心に地域のニュース、イベント、グルメなどの身近な情報を発信するオフィシャルポータルサイト
大垣地域ポータルサイト西美濃
今日の天気
西美濃ってどこ?
ひまわりからのメッセージ
庭の千草
 秋が日に日に深まって、いつのまにか秋明菊は散り果てて小菊が咲きはじめました。「庭の千草」の歌詞のごとく虫の音は絶えてしまいましたが、早朝、少しの空が明るんでくると鳥たちの囀りが聞こえてきて、さあ、今日一日もがんばろうという気にさせてくれます。

 私は、今日は書評を頼まれていた『雨の韻律』という歌集に目を通しました。岡本遙子さんという九州在住の方の歌集です。その中に心惹かれた作品がいくつもありました。

 つましくも凛とあるべし白梅を眺めし母の静かなるこゑ

 この方は、コロナ禍で入院中のご主人と会うことも叶わないまま見送られ、ご主人への惜別の歌も多々ありましたが、次のような作品も見られました。

 プーチンの核を厭はずと吐きし日の書棚に潜む『この子を残して』

『この子を残して』は長崎で被爆された永井隆博士の著作で、映画にもなり「長崎の鐘」という歌にもなりました。私の書棚にもあり、二人の子を残して旅立たねばならない父親の真情がつづられていました。ご自身は病床にありました。

 ロシアのウクライナへの侵攻、イスラエルとパレスチナの戦闘など世界のあちこちで戦争がなくなることがありません。人類はいつまで戦争を続けていくのでしょうか。平和だと思っている我々日本人にとっては、遠い異国の出来事で、映像の中のような錯覚さえも抱いてしまいそうです。でも多くの人々の日常は奪われ、子ども達は死と隣り合わせに生きているのです。心痛む日々が続きます。戦争だけではありません。飢えに苦しむ子どもたち、病気になっても薬もなく、ただ死を待つだけの子どもたち。そして、何もしない私たち。何もできない私たち。でも核が使われれば人類は滅亡に向かっていくのでしょう。

 岡本さんの歌集を読み終え、世界情勢のことなどを考えながら庭に出てみると、山茶花の鮮やかな白が目にとびこんできました。ああ、もう山茶花の季節なのか……時は流れていき、
それでもひとときの安らぎを与えてくれていることを倖せに感じたことでした。

2023.11.13 発行
戻る


おすすめコーナー用イメージ画像
[だいしんNISAはじめようキャンペーン(第3弾)]
NISA口座開設、ご利用によお客様全員にキャッシュバック!詳しくはご確認ください。
大垣西濃信用金庫
おすすめコーナー用イメージ画像
[見つカルチャーター]
「今すぐ配送してほしい」「案件問わず、確実に車を探してほしい」「配送品質にはこだわりたい」そんな全ての要望にお答え出来る、西濃運輸のチャーターサービスです!
西濃運輸
西美濃のお花見
 春を満喫できるおすすめの「お花見スポット」をご紹介します。桜の開花状況リンクもありますよ!

2024-3-28 UP!
「おちょぼさん」を楽しもう!千代保稲荷神社〜界隈めぐり
 「おちょぼさんならでは」のお参りの仕方や、"食べ歩き"グルメスポットをご紹介!

2014-12-8 UP!
養老 焼肉街道を往く
 県道56号南濃関ヶ原線。又の名を「養老焼肉街道」と呼ばれる街道があるんです!近くのBBQ場の紹介もありますよ!

2014-10-10 UP!

↑ページトップへ