大垣地域ポータルサイト 西美濃


西美濃
トップ
大垣市 花と緑の情報サイト
戻る

大垣市 花と緑の情報サイト

みどりdeSDGs おうちdeグリーンフォトコンテスト2023受賞作品紹介
「おうち時間」を楽しみ、お庭の手入れに取り組むガーデナーを募るため、4回目の『「おうち de グリーンフォト」コンテスト』を開催したところ、今年度も心を込めてお世話された花壇やグリーンカーテンの写真が多数寄せられました。また、花壇のお世話やゴーヤなどの収穫を通じて、家族や近所のみなさんが絆を深めている様子に心が癒されました。厳正なる審査を行い、各賞を決定させていただきましたのでここに発表させていただきます。

大垣市は、平成16年に「心やすらぐ緑の都市」を宣言しており、花壇を通じた「みどり」の推進は、やすらぎや潤いを感じるとともに、SDGsにもつながっています。今後も、より多くの方がこのコンテストを通じて元気になっていただけるよう、普及啓発に努めるとともに、緑を守り、育て、生かしながら、健康で緑あふれるまちづくりに取り組んでいきますので、みなさまの一層のご支援とご協力をお願い申し上げます。
1.地植え花壇部門 2.プランター及びハンギングバスケット花壇部門 3.グリーンカーテン 学校・事業所部門 4.グリーンカーテン 住宅部門

1.地植え花壇部門
最優秀賞
五井 紀子

一面の畑から夫婦で道を作り、アーチ、オベリスクを設置しバラと宿根草の庭を作りました。まだ4年目の若い庭で試行錯誤しながら庭作りに励んでいます。今後はローメンテナンスで癒される庭を目指しています。
優秀賞
中島 由香

今年設置したばかりのアーチですが勢いの良いスパニッシュビューティーを誘引したところ、こんなに素敵に咲いてくれました。波打つようなひらひらの花びらが春を告げる我が家の一番薔薇です。
優秀賞
大辻 裕子

昨年咲いた花の種を残しておいて、今年の春に種まきして発芽させ、苗をしっかり育ててから花壇に地植えしました。種から育てたことで、より愛着のある花壇に仕上がりました。
2.プランター及びハンギングバスケット花壇部門
最優秀賞
倉橋 妙子

今年の春は色々な花がたくさん咲きました。特に3種類のマーガレットは花と球根が大きく育ったので、地植えしたり、鉢を増やしたいと思っています。
歩道から良く見えるよう間引きしながら、ヒマワリ、ジニア、チトニア、ローゼル、マリーゴールド、メランポジュームなどを植えました。
今年の夏は猛暑で花や植物にダメージがとても大きかったため、来年の夏は、日陰づくり、早朝の水やり、植木鉢カバー、グリーンカーテン等を考えています。
優秀賞
岡田 京子

我が家は狭い庭ですが、花の種類と数で頑張っています。お花のお好きな方、いつでもご自由にご覧いただいて結構ですので、ぜひおでかけください。
優秀賞
中島 由香

北側のポーチを春の花で飾った今年の風景です。種まきしたビオラやネモフィラで彩り豊かにしています。こちらは通りに面しているので道行く人々との会話も弾みます!
3.グリーンカーテン 学校・事業所部門
最優秀賞
宝林保育園

園舎の軒下にプランターを設置したことで、廊下の遮光だけでなく、アサガオのトンネルが出来、通園の際に親子で通ったり涼んだりするスペースにもなりました。
優秀賞
株式会社 三貴

今回初めてグリーンカーテンをしてみました。1階が事務所になっており、夏の日差しがとても強く、日除けを探していたところグリーンカーテンを知り、アサガオで挑戦してみました。暑さのためか花はなかなか咲いてくれませんでしたが、蔓は天井まで伸びたため日除け効果は十分でした。来年もいろいろな蔓植物で楽しみながらグリーンカーテンをやってみたいと思います。
優秀賞
公益財団法人 大垣市文化事業団

令和2年度より、SDGsの取り組みとして市民会館の外壁周辺にアサガオのグリーンカーテンを設置しています。またアサガオの種を市民のみなさんに配布し、環境問題への関心を高める機会を提供しています。
猛暑で燃料費が高騰する中、日当たりの良い事務室南側にあるグリーンカーテンは遮熱効果がありとても役立っています。
本年度で市民会館が閉館するため一区切りとなります。
4.グリーンカーテン 住宅部門
最優秀賞
多賀 惠

肥料は主にダンボールコンポストでできた堆肥を用い、苗も半分は昨年採れた実から取った種から育てました。幅4m、高さ4.3mのグリーンカーテンになり、ゴーヤは約120個収穫しました。ダンボールコンポスト堆肥は混ぜ込んだ野菜くずからいろいろな野菜が発芽するもの楽しみの1つです。このグリーンカーテンにもこうして育った冬瓜とすくなカボチャの蔓が混じっています。
優秀賞
大谷 梨衣奈・留美衣・玲衣香

今年は家庭で出た生ごみ約100kgをダンボールコンポストを使い、堆肥に変え、グリーンカーテンに栄養が行き渡るように工夫しました。グリーンカーテンは縦3m×横12mまで成長しました。私たちの1番のお気に入りは玄関のアーチです。家に来たお客さんがみんな「きれい」と喜んでくれました。
夏休み中は毎日、ゴーヤとヘチマのグリーンカーテンの内側の温度と照度を測りました。内側の温度は外の温度に比べ、平均5度、最高10度低くなりました。また風が吹くと葉がやさしく揺れ、見た目もとても涼しかったです。
今回育てたゴーヤ、ヘチマ、アサガオの種は収穫してお友達にプレゼントしました。来年は他の植物でチャレンジしたいと思います。
優秀賞
見屋井 美栄子

今年の4月で21歳を迎えた孫が小学1年生の時、学校で朝顔を育てたのがきっかけで我が家でも朝顔を育てるようになり14年目になります。孫の成長を見るように玄関前の門壁のグリーンカーテンも年々成長し、夏の暑さを和らげてくれています。朝、夕の水やりは大変ですが、発芽し苗ができ蔓が伸びていく姿を見るのが楽しみです。朝起きた時、朝顔の花が咲いていると幸せなひと時を過ごすことができます。朝顔は開花時間が数時間と短く朝咲いて昼前には閉じてしまうため、今年はマンデビラやバタフライピーに挑戦しましたが、朝顔のように上手く育てることができませんでした。今後も挑戦したいと思っています。