会長挨拶

就任のご挨拶

大垣西ロータリークラブ 会長 安藤 光男

大垣西ロータリークラブ 第58期(2018〜2019年度) 会長 安藤 光男

 この度、歴史と伝統ある大垣西ロータリークラブの第58期会長を拝命することとなり、大変光栄であるとともに責任の重大さを実感しています。平成15年に大垣西ロータリークラブに入会させていただき、多くの先輩方にいろんなご指導をいただき少しずつですが、ロータリークラブのすばらしさや活動の内容を理解することができました。
 まだまだ未熟者で微力ではありますが、精一杯頑張ってまいりますので、皆様のご協力とご指導をよろしくお願いいたします。

さて本年度RI会長バリー・ラシン氏(バハマ)は、RIテーマとして

 インスピレーションになろう “Be The Inspiration”
を掲げられました。インスピレーションとは日本語としては ひらめき 霊感 という意味ですが、Inspire=鼓舞する 心に火をつける Inspiration=鼓舞する人 心に火をつける人 意欲を引き出す人(力)という意味からRI会長はロータリアンに対し
 「心に火をつける人、鼓舞する人になってほしい」 と呼びかけておられます。
 何か大きなことに挑戦しようとするインスピレーションを、後世に生き続けるものを生み出すために、行動を起こす意欲を引き出すという、壮大なRI会長の思いです。

 そして、今年度2630地区の木村静之ガバナーは
           「理念をかかげ 意欲を喚起し 共に行動」
という今年度のテーマを掲げられました。奉仕の理念、それを学ぶ場が例会であり人生の道場となるべきものです。ロータリアンの感動の体験を聞くことで意欲を喚起し、委員長や担当者だけの活動ではなくロータリアンみんなで共に行動することが大切だとおっしゃっておられます。

 このようなRI会長、地区ガバナーのテーマに少しでも近づくことができるよう、大垣西ロータリークラブの活動を進めていかなければならいと思っております。
 そのためには会員お一人お一人が、ロータリーを楽しんでいただき感動してもらい共に親しみを持って活動できるようなクラブ運営をしていく必要があると思っています。
 昨年度は80名でスタートしましたが、今年度は75名でのスタートとなります。まずは会員皆様のご協力のもと仲間を増やす行動を共にしていき、大垣西ロータリークラブの魅力を外に発信し会員の増強ができますよう、一年間頑張ってまいりたいと思いますので、皆様のご協力を心よりお願い申し上げます。