TOP > 大垣中ロータリークラブ ご挨拶
大垣中ロータリークラブ

ご挨拶

大垣中ロータリークラブ会長 吉田 知尉
大垣中ロータリークラブ会長
吉田 知尉

 本年度、大垣中ロータリークラブは35周年を迎えます。この記念すべき節目の年に会長という大任を受け、責務の重大さに身の引き締まる思いでございます。まだまだ力足らずではございますが全力を尽くす所存でございます。会員の皆様、何卒ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


 さて国際ロータリーのイアンH.S.ライズリー会長は『MAKING A DIFFERENCE』(ロータリー:変化をもたらす)をテーマに掲げられました。
 それを受け、2630地区の田山雅敏ガバナーは『未来を創造しよう』(・・・・・・10年後のロータリーは・・・・・・)というスローガンと掲げられました。
 日本の伝統として継承するロータリー文化を堅持し、若い人や女性の活躍が期待できるロータリーの環境作りとクラブの自主性強化が肝要です。ロータリーの活動を通じて社会に、クラブに、人の人生に、自分の人生に変化をもたらす。新しい時代を見据えて伝統を守りつつ「未来を創造する」。クラブの10年後のあるべき姿をイメージし、素晴らしいロータリーを創り、ロータリーを通じて輝く人生を築きましょう。


 昨年のRI規定審議会で例回数の軽減と出席義務の緩和等、クラブ運営の柔軟性とクラブの多様性を取り入れる改訂がなされた中、当クラブの本年度の方針として
1.創立35周年に当たり、10年後のクラブについて考える
2.例会を充実し、出席率を向上させる
3.ロータリー研修(新会員・現会員)を強化する
4.委員会を含め行事を見直し、改善する
5.以上により会員増強に繋げる


 本年度は親睦を深めながら、ロータリーについて初心に返り、勉強する年にしたいと思います。そして魅力溢れるクラブを目指し、純増5名の増強を目標として活動していきたいと思います。
 「龍となれ 雲自ずと来たる」
ロータリー歴、年齢にとらわれず、会員皆、和をもって楽しくロータリー活動し、充実した1年間を過ごせるよう頑張って行きましょう。