岐阜県大垣市を中心に地域のニュース、イベント、グルメなどの身近な情報を発信するオフィシャルポータルサイト
大垣地域ポータルサイト西美濃
今日の天気
西美濃ってどこ?
トップ > 大垣つれづれ > 小原鉄心にとっての養老
大垣つれづれ

  • 小原鉄心にとっての養老
 小原鉄心が良く藩政を司ることが出来たについては、各地域各階層にわたって人脈を広く培っていたことが大きく与かっていよう。たとえば養老大野村の庄屋役であった渋谷代衛(だいえい)の言行録である『弥縫庵(びほうあん)逸話』(明治35年=1902刊)を見ると、鉄心が元和5年(1619)以来尾張藩に属したこの村の人徳ある有力者を信頼できる人物と捉えていた様子が分かり、それが重要な情報の収集に役立ったことが窺える。鉄心はあるとき、尾張藩の一重臣と酒を飲む。その席上、鉄心が鎌をかけたのに相手が驚いたことから、尾張藩が厳重に秘しているある決定が真実と知る。自ら認めてしまったことに気付かない重臣は、鉄心にこの情報をどこから得たかと迫る。渋谷代衛からと答えた鉄心は、急ぎ彼のもとに使いを送って事の次第を告げ、尾張藩からの追求に善処を求めるのであり、代衛は見事にその役を果たす。これは普段からの細かい気配りがあって始めて可能なことであり、鉄心が養老という土地の地政学的な有利性に着目していたことが知れる。
 もちろん養老は高名な滝の存在で知られる遊楽の地であり、明和元年(1764)創建の千歳楼での遊びは、この地方の人々にとって無類の愉しみであった。いま明治以来の建物の玄関を入って左手の和室には、鉄心が筆を揮った「十酔楼」の書額が掛っている。この意は、一両日の積りの滞在が、あまりの愉しさについ十日にも及ぶということであろう。三条実美(さねとみ)や有栖川宮(ありすがわのみや)が「千歳楼」と実直に揮毫しているのに比べて、鉄心の遊び心が嬉しく感じられる。鉄心が私淑していた津藩の儒である斎藤拙堂が大垣に来たのは安政4年(1857)の9月のことで、それまで書簡のやりとりはあったが、二人が直接に顔を会わせたのはこれが初めてであった。大垣で詩会を催したりしたあと、拙堂、鉄心に加えて全昌寺住職鴻雪爪(おおとりせっそう)、野村藤陰、菱田海鴎らが千歳楼で酒宴を開き、互いの思いのたけを語りあって一泊したようだ。この翌年、鉄心が同じく心の師としていた雪爪が福井藩の松平春嶽に招聘されて福井の寺に移ってしまい、彼からの寄信が途絶えたことに苛立った鉄心は、以前は楽しかったのに、あの千歳楼での集いを思い出して欲しいという詩を送っている。
 とはいうものの鉄心は春嶽を非常に尊敬しており、元治(げんじ)元年(1864)、春嶽が参議になったときには、養老山中に求めた格好の竹で杖を誂えて贈っており、それに添えた詩が『鉄心遺稿』に載っている。酒をこよなく愛した鉄心は、そのためもあって数え56歳で生を終えるが、その晩年には養老という地名が公の舞台を降りた自らのいまを象徴するものと思えたようだ。なおも錫を飛ばして活躍する雪爪に「養老の山蔭にひとり暮らし居る人間をお忘れなく」という詩を送り、亡くなる明治5年(1872)の2月には養老勢至(せいし)村に観梅に赴き、老牛が一匹、梅花の下に眠る姿に心惹かれている。このとき鉄心の心には、12年前の万延元年(1860)12月、部下たちを率いて雪深い養老山中で猪狩を展開、大きな老猪を仕留めて酒樽二つを囲んで「雪中納涼」の宴を催した意気壮んな日の思い出が去来していたかも知れない。鉄心は自らの酒にまつわるエピソードの数々を小冊子『飲夢』にまとめているが、たちまち樽が空き、酔を尽くさない者はない、これぞ飲酒の快というものであろうと結ぶこの猪狩を描いた一篇は、彼の酒のありようを伝えてことに印象深い。鉄心は養老観梅の2ヶ月後、4月15日に没した。
2017.3.6

戻る



おすすめコーナー用イメージ画像
[J-Point スタイル]
かしこく使いこなせば、おトクがいっぱいのJ-Pointです。詳しくはご確認下さい。
十六銀行
おすすめコーナー用イメージ画像
[カンガルー自転車イベント便]
自転車に関わるイベント(レース等、旅行先でのサイクリングなど)に参加される方が、所有する自転車をイベントが開催される場所(宿泊場所など)へ輸送するサービスです。詳しくはご確認ください。
西濃運輸
岐阜県西美濃地域のオリジナル商品など販売!
関ケ原合戦の武将気分がぐっと高まる商品を取り揃えています。
関ケ原合戦の全容を描いた 関ケ原合戦図屏風(小) 好きな武将の旗を飾っても良し、合戦陣形図をつくるも良し!武将ミニのぼり旗 美濃手漉き和紙で作られた家紋型ウィンドウデコレーションKAMON dECO
関ケ原合戦図屏風を高さ20cmのミニサイズで再現しました
価格:3,600円
好きな武将の旗で気分をアゲ↑よう! 武将ミニのぼり旗
価格:1,350円
美濃手漉き和紙で作られた家紋型ウィンドウデコレーション
価格:980円
西美濃 秋のお祭り特集 第一弾!
 十万石まつりや関ケ原合戦祭りなど、西美濃の個性豊かな秋のお祭りを一挙にご紹介。

2017-9-20 UP!
養老改元1300年祭を楽しもう!
 元号が「養老」と改元されてから1300年の節目を迎えます。これを記念し養老町では、町を挙げて「養老改元1300年祭」が開催されます。

2017-5-25 UP!
大垣出身の漫画家が描く!「聲の形」の舞台紹介in西美濃
 大垣出身の漫画家、大今良時さんのコミック『聲の形』。作品の舞台となった西美濃のスポットをご紹介します。

2015-12-4 UP!
養老 焼肉街道を往く
 県道56号南濃関ヶ原線。又の名を「養老焼肉街道」と呼ばれる街道があるんです!近くのBBQ場の紹介もありますよ!

2014-10-10 UP!
「おちょぼさん」を楽しもう!千代保稲荷神社〜界隈めぐり
 千代保稲荷(おちょぼさん)界隈めぐりの第2弾!参道に並ぶ”食べ歩き&お土産スポット”をご紹介します。

2015-12-18 UP!
西美濃 情報サポーターの皆様よりご投稿いただいた地域のイベントや飲食店の感想・体験談などをご紹介するコーナーです。
『長?屋』でモーニング
西美濃情報サポーター大募集!

↑ページトップへ