西美濃探検

第1回歴史散策コース

水門川に沿ってのんびり歩こう
西美濃散策の第一歩は、かつて松尾芭蕉も訪れた水門川からスタート。大垣城の外堀だった水門川は、同時に、河川交通の担い手として、重要な役割を果たしてきました。現在では、大垣市のシンボルとして、市民から愛されています。芭蕉ゆかりの地である大垣市は歴史的な見どころもいっぱいです。
1.掘抜井戸発祥の地
2.円通寺
3.水門川遊歩道・四季の路
4.奥の細道むすびの地記念館
5.全昌寺の
6.船町港跡と住吉燈台
7.奥の細道むすびの地と蛤塚
戻る

(C) 2002 GINET