岐阜県大垣市を中心に地域のニュース、イベント、グルメなどの身近な情報を発信するオフィシャルポータルサイト
大垣地域ポータルサイト西美濃
今日の天気
西美濃ってどこ?
ひまわりからのメッセージ
言の葉
 三寒四温と言われますが、地球温暖化のせいでしょうか、雪も余り降らずにこの冬は終わろうとしています。庭先には黄の水仙がつぼみを含らませ、クリスマスローズが咲きはじめ、春の足音を身近に感じるようになりました。

 卒業式まで、あと1ヶ月程となり、新たな旅立ちを迎える子どもたちは、今、どんな思いでいるのでしょうか。

 私たちの時代、卒業式の歌といえば「蛍の光」でしたが、今はどうでしょうか。そういえば、ふと思い出したことがあります。2番の歌詞は、「とまるも いくも かぎりとて かたみに おもう ちよろずの こころのはしを ひとことに さきくとばかり歌うなり」ですが、漢字で書けば「互に思う千万の……幸くとばかり……」となります。ある時、「さきくとばかり」が「先行くとばかり」と書かれていたことがあって、誤りと言うこともできず、「平仮名にされてはどうですか。」と言ったことがありました。遠い昔のことです。この曲は、2番までだと思っていましたが実は4番まであり、3番には「ひとつに尽くせ国のため」、4番には「千島のおくも沖縄も八島のうちの守りなり」(原詩は平仮名かもしれません)があって、明治の頃の考え方は現在の沖縄に続いているのかと改めて思ったことでした。

 歴史は移り変わり、ことばも又、変わっていきます。新しいことばが生まれ、その陰で消えていくことばも多いのではないでしょうか。先述の「幸く」にしても、漢字で書かなければ歌詞の意味さえも伝わりません。おそらく日本人が昔から大切にしてきた微妙なニュアンスのことばも今後は消えていくのではないでしょうか。

 昔は1歳児のけんかだった押す、叩く、髪を引っぱる等、ことばで言えないが故の止むを得ない意思表示だと思うのですが昨今の様子を見ていると、小中学生のみならず大人にも表現する力の弱さが見てとれます。使われずに消えてゆくことばもあり、知っていても当然と思うようなことばも使われなくなって、人と人をつなぐものが益々細っていくような気がしてならないのは、私だけでしょうか。短いことばや絵文字の便利さに流されずに、日本語のもつ美しさを忘れないでいたいと思っています。

2019.2.18 発行
戻る


おすすめコーナー用イメージ画像
[OKBスマホ払い(Origami)]
スマホ決済アプリ「Origami」を活用したスマートフォン決済サービスです。
詳しくはご確認ください。
大垣共立銀行
おすすめコーナー用イメージ画像
[カンガルー自転車イベント便]
自転車に関わるイベント(レース等、旅行先でのサイクリングなど)に参加される方が、所有する自転車をイベントが開催される場所(宿泊場所など)へ輸送するサービスです。詳しくはご確認ください。
西濃運輸
岐阜県西美濃地域のオリジナル商品など販売!
武将気分がぐっと高まる関ケ原町と垂井町の商品を取り揃えています。11月22日より垂井町観光協会商品の取扱いを開始しました!
使えば賢くなる!?智将セット 半兵衛クリアファイル&ノートのセット 垂井町が誇る二大武将の陣旗を模したフェイスタオル 陣旗タオル 美濃手漉き和紙で作られた家紋型ウィンドウデコレーションKAMON dECO
使えば賢くなる!?智将セット 半兵衛クリアファイル&ノートのセット
価格:400円
垂井町が誇る二大武将の陣旗を模したフェイスタオル 陣旗タオル
価格:500円
第2回 関ケ原まるごと検定 公式テキストはコチラ!
価格:780円
西美濃のお花見
 春を満喫できるおすすめの「お花見スポット」と「イベント情報」をご紹介します。桜の開花状況リンクもありますよ!

2019-3-22 UP!
「おちょぼさん」を楽しもう!千代保稲荷神社〜界隈めぐり
 千代保稲荷(おちょぼさん)界隈めぐりの第2弾!参道に並ぶ”食べ歩き&お土産スポット”をご紹介します。

2015-12-18 UP!
「おちょぼさん」を楽しもう!千代保稲荷神社〜界隈めぐり
 「おちょぼさんならでは」のお参りの仕方や、"食べ歩き"グルメスポットをご紹介!

2014-12-8 UP!
大垣出身の漫画家が描く!「聲の形」の舞台紹介in西美濃
 大垣出身の漫画家、大今良時さんのコミック『聲の形』。作品の舞台となった西美濃のスポットをご紹介します。

2015-12-4 UP!
養老 焼肉街道を往く
 県道56号南濃関ヶ原線。又の名を「養老焼肉街道」と呼ばれる街道があるんです!近くのBBQ場の紹介もありますよ!

2014-10-10 UP!
西美濃 情報サポーターの皆様よりご投稿いただいた地域のイベントや飲食店の感想・体験談などをご紹介するコーナーです。
第62回 大垣花火大会

↑ページトップへ