TOP > 災害に強いLPガス

災害に強いLPガス

ガスイメージ

  復旧も早く、避難場所での生活を支えるLPガス。

「地震列島」と呼ばれる日本では、災害発生時においても安定期的に使用可能なエネルギー源を確保することが重要な課題となっています。LPガスは、各需要家ごとに個別に供給可能な「分散型エネルギー」なので、災害発生時にガスの供給が遮断された場合も、個別に調査・点検を行うことで迅速に復旧させることが可能です。また、分散型のため一時的な避難施設や仮設住宅等にも必要に応じて供給設備を設置することが可能で、煮炊きやお風呂、暖房など被災者の生活を支援します。

事例:新潟県中越沖地震

事例:新潟県中越沖地震
2007年7月16日に発生した新潟県中越沖地震では、約1万戸のLPガス世帯が被災しましたが、事業者による迅速な安全確認や復旧作業によってそのほとんどが当日中に復旧し、1週間後には復旧宣言が出されました。
また、輸入基地や充てん所等の供給施設も、点検後翌日早朝に出荷を再開しています。

  避難所で活躍するLPガス

地震災害等により家屋が倒壊した場合、被災者は避難所や仮設住宅での生活を強いられることになります。
そんな時でもLPガスは、給湯、煮炊きに加え、暖房、発電など行うためのエネルギー源として、当該施設に迅速に設置し、被災者の生活を支援することができます。
これも「分散型」の特性を活かした大きな強みの一つです。
炊き出し
炊き出し
仮設住宅まで容器を運ぶ
仮設住宅まで容器を運ぶ
仮設住宅に設置
仮設住宅に設置

小型発電機

5キログラムのLPガスボンベ使用で約10時間使用が可能
5kgのLPガスボンベ使用で
約10時間使用が可能
カセットボンベ2本で約1時間の使用が可能
カセットボンベ2本で
約1時間の使用が可能
カセットボンベ2本で約1時間の使用が可能
ご家庭のプロパンガスにワンタッチ
で接続、長時間運転も可能に。

避難所等におけるLPガスの必要量の目安

(1)主食(握りメシ)のみの場合   一人1日当たり   30g
(2)主食+湯茶 一人1日当たり 60g
(3)主食+湯茶+若干の副食 一人1日当たり 100g

したがって、(2)の場合で避難場所における収容者が500人の時は、30kgとなり、50kg容器1本で約1.5日分程度となる。
0.06kg × 500人 = 30kg

50kg容器1本で500人分の食事が!