TOP > 大丸について(こんな会社です)

大丸について(こんな会社です)

会社イメージ
株式会社 大丸
LPガス・灯油・固形燃料
ガス器具・住設機器販売
水まわりリフォーム
生活応援工事・増改築
〒503-0993 岐阜県大垣市荒川町658番地
TEL 0584-91-1511

だいまる物語〜

 むかしむかし、時は大正7年、伊藤重雄という男がいました。重雄は、垂井町宮代の松割り木をリヤカーに乗せて行商を始めました。重雄は、各家の台所に薪を運び、当時の奥さんたちは、重雄の運んだ薪でごはんを炊き風呂を沸かしていました。

 この伊藤重雄こそが、大丸の初代社長です。その後、薪に代わる家庭用燃料の変遷によって、大丸は練炭やコークスを販売するようになりました。

 コークスと言えば、昭和30年代は、学校のストーブは懐かしい「だるまストーブ」でした。小学校の用務員さんがスコップでバケツに入れてくれる重いコークスを、日直当番が教室まで運んでいた記憶があります。

 寺内町にあった大丸が荒川町の今の場所に移ってから約40年余りですが、家庭用燃料は、練炭やコークスなど固形燃料にとって代わる石油・灯油などの液体燃料、LPガスという気体燃料に変わっていきます。

 更に近年では、太陽光発電や、燃料電池という新しいエネルギーが、出現してきました。

 先々代の伊藤重雄、先代の伊藤崇の時代を通して、大丸は、ご家庭の台所をはじめ、生活と深くお付き合いしてまいりました。

 時代のニーズに応えるべく大丸は、90年の商いの信用と実績を生かして、オール電化や、太陽光、そして、燃料だけでなく快適な生活を応援するリフォーム事業でも、広く皆様とかかわっていきたいと考えております。

株式会社大丸 三代目代表取締役社長 伊藤 誠一郎
リヤカーイメージ
リヤカー
だるまストーブ&コークスバケツイメージ
だるまストーブ&コークスバケツ
(かなり重い!)
練炭イメージ
練炭
これがだいまるだ!イメージ