本文へジャンプ
TOP > 文教協会の活動目次 > 3.発展体験学習支援事業 > わくわく算数アドベンチャー

文教協会の活動

わくわく算数アドベンチャー

◇ 第19回 7月16日(土) 14:00〜16:00
   スイトピアセンター スイトピアホール 参加児童 57名
◇ 第20回 12月3日(土) 14:00〜16:00
   スイトピアセンター スイトピアホール 参加児童 27名
◇ 第21回 1月21日(土) 14:00〜16:00
   スイトピアセンター スイトピアホール 参加児童 30名

 市内の小学校高学年児童を対象とし、授業で学んだ知識や技能を活用する場を設け、算数的活動の楽しさや数理的な処理のよさを味わえるようにすることで、算数への興味や学ぶ意欲をさらに高めています。
 また、学校間をこえた知的なコミュニケーションを図ることが可能であり、各学校で学習面のリーダーとして活躍できる子どもを育成することにもつながっています。

イメージ画像01
イメージ画像02
【活動のようす】
 7年目となった今年度も小学校5・6年生の児童が大勢参加し、複数回参加している児童も多くいました。
 今年度も、本事業年間3回開催のうち2回を土曜授業日の午後に開催しました。
 岐阜大学教育学部数学科の学生さんに準備していただいた問題を、岐阜大学の山田先生や大垣市小学校算数部会の役員の先生方、学生さんやグループの仲間と一緒に考えながら解いていきました。
 初めて会った仲間であるにもかかわらず、会場では、普段の授業で大切にしている聞き方や話し方を生かし、発展的な問題にも積極的に意見交流ができていました。