本文へジャンプ
TOP > 文教協会の活動目次 > 5.講習・懇談会 > 平成23年度 講習・懇談会

文教協会の活動

平成23年度 講習・懇談会

夏期教職員研修講座
【主催】
大垣市教育委員会 教育研究所

第1回 平成23年8月12(金) 13:30〜15:30
演題「Q-Uを活用した学級集団の理解と対応」
講師: 奈良教育大学大学院
教育学研究科 教職開発講座
准教授 粕谷 貴志 先生

 市内の約280名の園・小中学校の先生方が集まり、現代の子どもたちの現状と課題をふまえたよりよい学級づくりのあり方について研修を行いました。
 大垣市では、4年前からすべての小中学校で「Q-U調査」を実施しています。また夏休み中には「だれもが研修」としても、各小中学校で「Q-U結果」の見方を研修しました。
 学級集団におけるルールと人間関係の大切さを改めて研修しています。


第2回 平成23年8月25(木) 13:30〜15:30
演題「学校適応に不器用さをかかえた児童生徒への支援に必要なこと」
講師:
代表:
特別支援教育ネット
小栗 正幸先生

 市内の約530名の園・小・中学校の先生方が集まり、指導困難な子どもへの対応の仕方について研修を行いました。
 園や学校で適応が難しい子どもたちの支援の仕方の中でも、理不尽な言動をする子どもたちへの対応として、「ブロークンレコードテクニック」という方法を教えていただきました。人間関係を通して相互完結課題をたくさん経験させることの大切さ等も学びました。



特別研究委員会 特別支援教育部会の実践発表
テーマ:「共に学び合い、豊かに育つ『交流及び共同学習』のあり方」
 大垣市特別研究委員の先生方が、2年間の研究実践の成果を発表されました。「交流及び共同学習」を成立させるための条件設定、長期目標をめざして段階的に指導する方法、双方の児童生徒に学びがあるための方法などを学びました。


平成22年度