本文へジャンプ
TOP > 文教協会の活動目次 > 2.市民と先生との意見交換会 > 平成23年度 市民と先生との意見交換会

文教協会の活動

平成23年度 開催 市民と先生との意見交換会
テーマ:ふるさと「大垣」を愛し、夢と希望をもち、ひたむきに生きる子どもを育てるために

【講演会の様子】
宮城県登米市立新田小中学校長 千葉 政宏様講演会の様子イメージ

【演題】:「東日本大震災における子どもたちの姿と学校教育の現場から」

 豊かな自然に恵まれた登米市の様子や、3月11日大震災での学校現場の様子、またこれまでの新田小中学校の取り組みの様子など貴重なお話を聞くことができました。
 また震災を体験された経験から、アドバイスや私たちが考えなければならないことも教えていただきました。
プレゼンテーションイメージ
こちらから
プレゼンテーション画面を
ご覧いただけます。
東日本大震災復興支援活動 登米市立米山中学校の取り組みPDF

【グループ討論会】グループ討論会イメージ01

【話し合いの窓1】

東日本大震災に学ぶこと、被災者への長期にわたる支援のあり方を考えるために
  1. 東日本大震災における東北(宮城県)のみなさんから学んだことは・・・
  2. 大垣市の学校・地域が東北(宮城県)のために長期にわたって何ができるのだろう。
  3. 非常時における私たちの地域や学校の役割は・・・

【話し合いの窓2】

「大垣」の子どもたちが、夢や希望をもち、ひたむきに生きるために
  1. ふるさと「大垣」・私たちの地域のよさを、今の子どもたちにどう伝えればよいのだろう。
  2. 子どもたちが、自分に自信をもち、自らの生き方(夢や希望)を実現しようと努力する気持ちを持ち続けるために、私たち大人が今できることは何だろう。


現場の状況を適切に把握することが大切です。また地域を巻き込んだ避難訓練を実施することを考えていかなければならないという意見がでました。
子どもたちが夢と希望をもってひたむきに生きるには、子ども自身が自分のよさ、当たり前のことこそ価値があることに気づかせていくことが必要です。
グループ討論会イメージ02


宮城県など被災地の状況を見極めて相手のニーズに合った支援を行っていくことが大切。今後、学校でもTV会議などの交流を通して、子どもたち自身で考え児童会や生徒会が中心となって行動していけるとよいという意見がでました。
グループ討論会イメージ03



平成22年度