本文へジャンプ
TOP > 文教協会の活動目次 > 2.市民と先生との意見交換会 > 平成22年度 市民と先生との意見交換会

文教協会の活動

平成22年度 開催 市民と先生との意見交換会

趣旨
 今日、教育にかかわる様々な課題が生じています。その一つ一つの解決に向かうためには、学校と家庭、地域社会が願いや方法を共有し合い、力を合わせることが重要です。そこで、現在、園や学校にかかわる市民の方々と各園・各小中学校の先生方、また企業や関係機関でご活躍の皆様がざっくばらんにひざをつき合わせて意見交換をしていただく会を開催したいと企画しました。
 日頃より園・学校・地域で子どもたちの成長を見守っていただける方等による話合いを行います。子どもたちの健やかな成長を願って、それぞれの立場でできることはどんなことだろうかと考え、意見を交流し、自分たちの取組をふりかえる場としています。

平成22年度 開催
1.期日 平成22年8月1日(月)16:00〜20:30
2.場所 大垣フォーラムホテル 大垣市万石2丁目31番地
TEL (0584)81-4170
3.内容 テーマ「東日本大震災における子どもたちの姿と学校教育の現場から」
【第1部】 16:00〜18:45
1 開会の言葉  木村志朗 副会長
2 会長あいさつ 小川信也 会長
3 来賓あいさつ
4 講演
「東日本大震災における子どもたちの姿と学校教育の現場から」
登米市立新田小中学校 校長 千葉 政宏 様
5 意見交換
 ・グループ討議
 ・全体
6 お礼の言葉  清水俊光 学校教育課長

【第2部】 19:00〜20:30
懇談会
1 あいさつ
2 乾杯
3 歓談

4.参加者
来賓 大垣市長 小川 敏 様
文教協会役員 教育長 内田 一之 他
29名
PTA 32名 各小中学校役員(会長、母親代表等)
幼稚園・幼保園 15名
学校 32名 各校1名
教育委員会事務局 11名
合計 120名


いろいろな立場の方々が一つのテーブルに集まり、
12グループに分かれて意見交換しました。

基調提案 資料 : PDF